八千代市政を考えるブログ

千葉県八千代市では、今どんなことが問題になっているのでしょうか?
身近な疑問、改善できそうなこと、千葉県から見た八千代市など、さまざまな角度から考えてみました。

八千代市長(2017.5月就任)のはっとり友則です。
現在取り組んでいる政策、進捗状況なども併せてご報告していきます。

カテゴリ:子育て支援 > 小・中学校の生活環境整備

※2022年4月1日 
お詫び

今回の緑が丘地区の学校新設に関する記事について一部誤りがございましたので、一旦これを削除させていただきます。皆様には心からお詫び申し上げます。
なお、この件につきましては、今後市内部においてあらゆる方策を予断なく検討した上で対応することとしておりますので、具体的な方針等が出た段階で改めて記事を掲載させていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

緊急事態宣言が9月12日(日)まで延長され、間もなく夏休みを終えて新学期を迎えるお子様や保護者の皆さまは大変ご不安のことと存じます。
八千代市の教育委員会では、新型コロナウイルス感染者数がこれまで以上に拡大傾向にあることを踏まえて、さまざまな角度から子ども達のまなびを出来る限り確保しながらも感染リスクを配慮した学校教育についてご検討いただきました。

詳しくは9月1日に各学校から案内がなされますが、ご不安を出来る限り解消するべく、報告できる範囲で情報共有させていただきます。
※今後の感染状況等により、以下内容に変更が生じる可能性がありますのでご了承ください(8/26現在の情報です)。

● 緊急事態宣言中は短縮日課
9月1日(水)から新学期再開。9月2日(木)~3日(金)は4時間授業(給食後下校の短縮日課)、9月6日(月)~10日(金)は5時間授業(給食後、1時間のみの短縮日課)とする。

● 学童は利用可
緊急事態宣言中も、学童については下校時間から利用可能とする。

● 部活動は原則実施しない
原則実施しない。これは可能な限り速やかに対応し、8月28日(土)からは完全対応。ただし、上位につながる大会がある部活に関しては、大会2週間前より条件付きで練習を認める。

● 緊急事態宣言中の校外学習・修学旅行等について
修学旅行については改めて保護者の皆さまのご理解を十分に得た上で、中止または延期の判断を各校で行う。その他の遠足や映画鑑賞教室、演劇鑑賞などといった校外で行う学校行事は行わない。

● 学校行事について
感染リスクの高い活動については行わない。運動会(体育祭)については、学年単位で行う・保護者の参加無し・プログラム変更・実施時期や時間、参加人数の調整などといった感染対策を講じたうえで各学校長の判断で実施可能とする。
合唱コンクールは感染リスクが高いので実施はしない。


● 学校での感染症対策について
前提として、感染リスクの高い教育活動は行いません。
熱中症対策にも留意しながら、感染対策の徹底を図ります。実施内容については、八千代市教育委員会が策定したマニュアル「八千代スタイル」の対策レベルを引き上げ、各校が共有・徹底し実施します。このマニュアルは新型コロナ感染症に対応するための、小・中学校の教育活動における留意点がまとめられています。

夏休み前までにも実施していた「対面にならない」「教室レイアウトの間隔を空ける」といった感染対策はもちろん継続しますが、特に授業に関する対策の一部を紹介します。

(対策の一例)
★ 授業は個人で学習できる活動を中心に行う。グループ学習、班での話し合い、ペアワーク等は行わない。
★ 一斉に声を出す音読や群読は行わない。
★ 授業での外部人材の活用は控える(小学校の英語学習の際のALT等は除く)
★ 体育では球技のゴール型ゲームや武道で相手と組み合う活動など、身体接触や接近するような活動は行わない。
★ 音楽では歌唱や管楽器などを利用した活動は行わない。
★ 全校集会・学年集会などは放送設備等を活用し、各教室で行う。
★ 学習発表会や合唱コンクールなど、児童生徒を一堂に集める行事は行わない。

なお、基本的には流水でのこまめな手洗いを徹底させます。
これは、登校時やトイレ、外から教室の入るとき、給食の前後だけではなく、 図書室など共用スペースを利用する際や、共用の教材・教具などに触れる際も前後の手洗いを徹底させます。
当面はありませんが、流水による手洗いがどうしても出来ない場合(例えば、校外学習や修学旅行のバス乗降車時など)は、手指用アルコールを用いて感染症対策をします。

他にもさまざまなケースで細かくルール設定がなされていますが、ここでは割愛させていただきます。


● オンライン学習の導入について
八千代市では、2018年2学期から各学校内に無線LANを完備し、3~5名に1台のタブレットPC端末、書画カメラや電子黒板等の必要な設備を全小中学校で導入しています。すでに全国で行われているようなICT教育は実施しているものの、1人1台端末環境での運用については2021年9月開始を予定し、準備を進めてきました。

昨日の8/25に、八千代市内の各小中学校へ1人1台のタブレットPC端末(すぐに使えるように、端末にプログラムをインストールするといった環境設定が完了した状態)の整備が完了しています。
「すぐに配布して、オンライン学習を開始すれば良いのではないか?」とのお声もあるかと思いますが、単に端末が配布されただけの丸投げ状態や、まだ十分に教員が活用できる体制が整っていなかったりしていては、安心してオンライン学習に学びを預けることができません。
また、タブレット端末を持ち帰っても、子ども達自身が保護者の方のサポートを必要とせず、一人で学習に使えるようにならなければなりませんし、「オンライン」という環境を与えるうえで、学習に必要がないコンテンツへのアクセスも十分懸念されることから、子ども達へ安全に機器を与えるためにもルールについて事前に教育する必要があります。

学校現場からも「(子どもたちへの教育が先に行われなければ)家庭と学校でのオンライン学習を行うことが難しい」という意見もあったことから、八千代市では子ども自身がタブレット端末を授業で活用できるようにし、保護者の方などの支援を必要としなくても学習に活用できるようになった段階ではじめて、端末の持ち帰りにステップアップする方針としており、この夏休み期間を活用して、先生方への端末導入研修を行ってきました

この9月、新学期がスタートしましたら、学校で新しいタブレット端末を子ども達一人一人にお渡しします。小規模の学校であったり、中学生のお子さんであれば比較的早く習得されると思います。しかしながら、低学年のお子さんであったり、学校の規模によってはばらつきがある可能性もあります。それでも出来るだけ早期に「登校することなくオンライン学習」が成立できるように図ってまいります。

(本市のICT教育について、詳しくはこちらのブログでお話しています)
http://blog.livedoor.jp/hattoritomonori/archives/29335926.html



今回の対応で、短縮授業ではご心配の家庭も多いと思いますが、どうかご理解の程よろしくお願いいたします。今後、オンライン学習を実施することになっても問題がないように、9月中にタブレット端末をつかった学習をお子様には実施したいと思います。
とはいえ、登校自体に大変なご不安を抱える方も多いと思います。体調不良やワクチン接種に関する遅刻・欠席だけではなく、ご不安でお休みされる方もすべて欠席扱いとはいたしません。


9月1日以降、各学校でより具体的なことについてご案内があると思います。
あくまでこちらで書かせていただいたことは市教育委員会にて方針決定したものであり、学校の規模や先生方の体制などによって異なる部分があること、また今後の感染状況によってはさらに軌道修正する可能性があることもご承知置きください。

安全を守りながらも、子ども達に大切なまなびや経験の機会をむやみに奪わないよう、出来る限り市としても教育委員会と密に連携を図りながら取り組んでまいります。
ご家庭にも、感染防止のためにさまざまなお願いをいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

今日は、緑が丘地区の中学校の通学状況を把握するため、睦中学校から緑が丘西地区を経由して高津中学校まで(合計約5キロ)実際に歩き、通学路の現場視察を行いました。
睦中を14時に出発し、睦中と高津中の学区分岐点を目指して歩きました。

教育委員会の方も同行してくださることになり、教育次長、学務課長、保健体育課長と、ストップウォッチで徒歩時間を計測しながら歩きました。
特に学務課長は通学路の注意するべきポイントを大変よく把握されており、朝夕の通学時間帯の交通量の状況や、外灯や道の明るさなど、さまざまな視点でレクを受けながら「この辺があぶないんじゃないか?」など注視しながら進みました。

下写真は、睦中から出発して間もなくの様子です。
県道で車通りは多いものの、2m程度の歩道が確保されています。
緑が丘西周辺-3

下写真は、八千代西高校入口のT字路交差点です。
緑が丘西周辺-2
緑が丘西地区からこのT字路で横断歩道を渡り、左折して睦小へ向かうのが通学路となっていますが、このT字路に出る手前20~30メートル程度の区間には歩道がありません。
今回一番危ないと感じた箇所です。
T字路までの手前に市道があり、こちらを使って危険な箇所を迂回できることが分かったので、この点については早急に安全を確保できるよう通学路を変更するなど検討頂きたいと申し上げました。

下写真が、丁度両校の学区分岐点です。
ここまで大人の足で30分足らず、25分程度かかりました。
緑が丘西周辺
この分岐点周辺にお住まいの方は、睦中学校・高津中学校のどちらも選択することが可能です。また、自転車通学は原則2キロ以上距離が離れていることが条件ですが、両校については2キロ未満であっても自転車通学が認められています(学校長に許可の判断が委ねられています)。

この分岐点でも、しばらく立ち止まってああだこうだと話をしておりましたので、結局高津中に着いたのは15時半頃になってしまいましたが、分岐点から高津中までにかかった徒歩時間は、同じく25分程度でした。
睦中学校から分岐点までは順調でしたが、さすがに高津中に着く頃にはジャージも汗ばんでしまいました。

今回の視察で得たものを今後の検討に活かしていくのはもちろんのこと、子ども達の安全に関わるような、早急に改善するべき箇所については、すぐにでも対応するよう指示してまいります。


(余談)
昨年10月に緑が丘西地区の皆さんから「高津中学校も睦中学校も遠すぎる」「通学路が危険である」といった声をお寄せいただき、また今後の生徒数増加の見通しによっては中学校新設を要する可能性があることを踏まえ、令和9年度以降も緑が丘地区は既存2校の中学で対応可能か数値で示し検証するプロジェクトを立ち上げました。
しかしながら、検討する中でより正確な見通しを導き出すには民間コンサルの協力が不可欠と判断し、正式依頼のための予算要求をするよう指示しています。
(市長選が控えている場合、次期市長の政策予算を残すために)3月議会は政策に関する計上は見送っていることから、最短で来年6月予算に組み込める見通しです。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、1都3県に対して緊急事態宣言が再発令されました。
八千代市では1月7日に「第20回八千代市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開き、市としての感染防止対策について調整しました。

今回は、「部活動」に関する対策について、皆さんにお知らせします。
子ども達の貴重な部活動の機会を出来る限り持続できるように、ぜひ遵守頂きますよう生徒の皆さんもよろしくお願いします。

<緊急事態宣言中に遵守すること>
●活動は、放課後90分以内とし、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行う。
●休業日(土日祝)は活動しない。【1/9(土)~】
●朝練習は行わない。【1/12(火)~】
●対外試合(公式戦・練習試合など)、合同練習、演奏会などは行わない。
※県の上位大会に関しては、開催の可否を確認。
※地域の感染状況等によっては、学校として部活動を中止する等の判断も可能とする。

そのほか、運動系・文化系それぞれの状況に合わせた注意事項もあります。

運動系部活動に関する事項
1.
各競技の中央団体が作成しているガイドラインを参考にして、身体接触や人と人が接近するような感染リスクの高い活動は行わない。個人練習を中心に基礎体力の向上、個人のスキルアップを目的とした活動を行う。
2.
運動中もマスクを着用する。

文化系部活動に関する事項
1.
合奏や合唱、集団での演技等は行わない。なお、いわゆる3密を避け、個人練習、少人数の活動や必要に応じて屋外での練習を取り入れるなど、工夫する。
2.
「接触」「密集」「近距離での活動」「向かい合っての発声」は避け、一定の距離を保ち、同じ方向を向くようにするなど。活動の隊形についても工夫する。
3.
屋外や屋内の換気の良い環境であっても、演劇やダンス練習時等での、至近距離(およそ2メートル以内)での発声や激しい動きが伴う活動を避ける。
4.
楽器や小道具などの使いまわしは避けること。やむを得ず使用するときは、使用前に消毒を行うとともに、使用の前後で必ず手洗いを行う。
5.
複数の生徒が触れる可能性があるもの(ピアノの鍵盤、楽器など)は部活動中もこまめに消毒する。
6.
調理などを伴う活動では、近距離や向かい合わせになることを避け、調理室、調理器具及び食器などの衛生管理及び前後の手洗いを徹底する。

運動・文化系の共通事項
1.
部活動開始時に、生徒の健康チェックを教員が必ず行い、体調の変化を確認する。発熱(37℃以上)等の風邪の症状があるなど、体調不良の生徒の参加は認めない。体調不良で練習を休んでいた生徒が復帰する際には、顧問がこれまでの経過を十分に聞き取り、参加させて良いかを判断する。
2.
更衣場所(更衣室及び部室など)については、複数の部が集中しないよう、時間をずらす、時間を区切るなどの工夫をするとともに、常に換気を行う。
利用時は、マスクを着用するとともに、身体的距離を十分に確保し、会話はしない。
3.
飲食時は、身体的距離を確保し、会話はしない。水分補給時などのボトルの共用はしない。
4.
体育館・銃剣道場・教室などの活動場所が密閉空間とならないよう、2方向以上の窓を同時に開けるなど、常に換気を行う。
5.
部活動開始前、休憩中、終了後など、手洗いをこまめに行う。
6.
部活動で使用する用器具や生徒が手を触れる箇所(ドアノブ・スイッチなど)は、活動前後に消毒する。

7日の対策本部会議では、そのほか公共施設の利用制限なども取り決め、市ホームページでお知らせしました。以下にリンクを用意しましたので、ぜひご一読いただき、感染拡大防止にご協力をお願いいたします。

公共施設の利用及びイベント等の開催について
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/63500/page000064.html

コロナ禍における公民館の開館について
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/100300/page100028.html

公園の団体利用に係る夜間利用制限について
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/142500/page100112.html

スポーツ施設の利用制限について
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/605000/page200001_00026.html

文化施設の利用制限について
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/605000/page200001_00027.html

今回は、寒さが厳しくなってきた冬場の小中学校でのコロナ対策についてお話します。
市内小中学校では、暖房器具としてエアコンを使っているものの、新型コロナウイルス感染対策のために窓を開けて換気をしているために、例年に比べて寒さを感じる状態となっています。

Twitterにこのようなコメントが寄せられましたのでご紹介します。



各教室の状況に応じて、より高い温度設定に変えられれば寒さが緩和されるのではないか?というご指摘です。
これについて確認しました。

温度設定について
暖かい空気は、冷たいほう流れる性質があります。このことから、窓を開けた状態でエアコンの設定温度を高くしたとしても、暖かい空気は冷たい外へ出てしまいます。また、窓を開けた状態でエアコンの設定温度を高くして運用を続けてしまうと、エアコンに高い負荷がかかって故障の原因になる可能性があるということです。
「エアコンとガスストーブを併用するのはどうか?」というお話についても、上の理由から解決策とはなりません。ちなみに、近隣市の状況も確認しましたが、エアコンとストーブを併用している市はありませんでした。

文科省からは「寒さが厳しく常時換気が難しい場合には 30 分に1回以上、少な くとも休み時間ごとに窓を全開にする」という指導がなされています。
温度設定を上げることでは換気と保温の両立が解決できないため、こうした運用の工夫のほか、暖かい服装や上着などでの体調管理をお願いします。

なお、先日ニュースで、小中学校での防寒具について話題になっている記事を見かけましたが、八千代市では服装についても柔軟に対応するよう教育委員会から各学校へ連絡しています。



空気の乾燥対策について(保湿)
「エアコンで空気が乾燥してしまうのではないか?」というご心配もあるかと思います。
実際にこちらのコメントも頂きました。

『ガスストーブは、燃焼で幾分か加湿効果があるけど、エアコンは湿度が下がります。
普通教室だけでも、加湿器を設置してください。教員の持ち出しやPTA頼りではなくね!』
— 八 千代子 (@yatsuchiyoko)
https://twitter.com/yatsuchiyoko/status/1341589219240595458

加湿器に関しては、各学校のコロナ対策費予算で購入することが出来ます。
ご心配されているような、教員や保護者にご負担いただく必要はありません。
各学校には「湿度は40%が目安」という基準は伝えてありますが、コロナ対策費をどのように使用するかは学校長判断となっています。
現状では、各教室すべてに設置している学校や、保健室のみに設置している学校、また購入を予定していても需要がひっ迫しているためにまだ購入できていない学校もあります。


八千代市内の小中学校は、今日から冬休みに入りました。
懸念されていた授業の遅れも、9月以降に数回行われてきた土曜授業や、日々工夫されたやりくりによって解消の見込みであると聞いています。児童生徒の皆さんや先生方も、このコロナ禍で大変なご苦労をされた2学期だったと思います。ぜひ年末年始はゆっくりとお家で体を休めてお過ごしください。

(参考)
文科省/学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.12.3 Ver.5)
https://www.mext.go.jp/content/20201203-mxt_kouhou01-000004520_01.pdf

↑このページのトップヘ