2010年02月09日

弥彦温泉 その2

どうにかたどり着いた宿は、弥彦温泉のやひこ荘

入り口、ロビーがとっても綺麗で、あらビックリ。
部屋も完全リフォーム済みな感じでとっても綺麗でした。

和室を予約していたのですが、「本館に一つしかない和洋室をご用意しました。いかがですか?」とのこと。
断わる理由もないので贅沢にも広いお部屋に泊めていただきました。

到着したら即効、浴衣に着替えて、風呂直行!

加水、加温、加塩素のお湯でしたが、全然塩素臭もなく、綺麗で気持ちの良いお風呂でした。
お湯は、透明、鉱物系の匂いがしました。
露天風呂も気持ちよかったですが、オルゴールのBGMは、不要です。
自然の風の音とか、静寂を楽しみたいので。

お風呂を上がったら、ご飯です。

P1010079


鍋の中は、あわびの姿焼き。
動くアワビは、生まれて初めて。
こんなにあわびが旨いとは知りませんでした。
感動でした♪♪
カニは、小さくてイマイチです。

お刺身も美味しかったですよ。
お決まりのマグロとイカがないってのは、良いですね。

お酒は、女中さんオススメ、「笹祝」の生酒。
べらぼうに旨かったです。
買って帰らなかったことを大後悔しています。

飲んで食って、もう一度、風呂に入ってから御就寝。
朝、目が覚めたら、さっそく朝風呂。
朝食にご飯3杯食べて出発しました。

新潟は、本当に米が旨いね。
高校の時、何にもわからないで新潟にスキーに行って、「なんでこんなに米が旨いんだろう。」っておかずを食わずに野沢菜だけでご飯を何杯も食べてました。

宿を出たら、近くの弥彦神社にお参り。
とても立派な神社でビックリ出した。
こんな観光資源があるから合併せずに「村」のままでいられるのかな。

P1010087


その後は、寺泊でカニ、明太子、シャケ、イカの塩辛、甘エビを買い込んで、両親へのお土産にもカニを買い、東京に住む兄家族にカニと明太子を買って送りました。

帰り道、通行止めは一切ありません。
でも、湯沢から先は、スキー客で渋滞すると予想して、湯沢まで高速で行き、越後湯沢駅近くで昼ごはんを食べて、そこから17号で帰ってきました。

↓お昼ごはん(ちょっとしょっぱい)
P1010089


三国峠は、ずーっと道路が真っ白。
楽しくスノードライブしながら帰ってきました。

楽しい楽しい2日間でした。

--おわり--

↓↓↓ここをポチッ!
 人気ブログランキングへ





haushinka at 21:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
livedoor プロフィール