2010年02月16日

スノーボードの国母選手の服装のはなし

スポーツの世界ってのは、権力者がいて権力者の価値観で競技者が操られるんだね。

バンド系の僕には、全く理解できない世界。

山本"KID"徳郁さんがアテネオリンピックに挑戦するときも刺青が気に入らないからって、絶対的に不利になるほどテーピングをぐるぐる巻きにさせられてたけど、アテネに出場したオーストラリアの女子サッカーの選手なんて腕に刺青して半袖のユニフォームで思いっきり刺青がテレビに映ってたもんね。

ってか、服装なんたらでごちゃごちゃ言うんだったら、JOCは、Xゲーム系の競技に参加しなきゃいんだよね。そもそも下げパン大好きなHIPHOP系の若者文化から始まったスポーツなんだから。

うんざり。。。

と、思っていたら、自民党の河野太郎さんが公式ブログで良いことおっしゃっています。
大変共感したので是非、ご覧ください。

こちらです↓↓↓
河野太郎公式サイト

↓↓↓ここをポッチ!
 人気ブログランキングへ




haushinka at 22:03│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ばんどやってるアホには理解できまい   2010年02月18日 22:05
JOCの言っていることは至極当たり前の話。
これが理解できないあなたは常識人ではないということだ。
2. Posted by ロイ   2010年02月18日 22:25
名前も名乗らない人に反論する必要もないかもしれませんが。

僕も河野さんも「相手の価値観を理解せずに一方的に自分の価値観を押し付けるのは、間違っている。」という指摘です。

人のことを「アホ」と決め付けるなら、僕のどこが間違っているのか説明して欲しいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
livedoor プロフィール