June 15, 2010

小惑星探査機「はやぶさ」

「はやぶさ」が最後に撮像した地球
Image credit: JAXA

小惑星探査機「はやぶさ」 が、大気圏に突入する直前に地球に送ってきたという写真。なんだかあまりに美しく胸に迫るものがあったので貼り付けてみました。はやぶさが最後に見た地球。カプセルを放出後、カメラを地球に向けるため、わざわざ180度姿勢を変えて撮影したそうです。もともと予定にないミッションだったようですが、最後に一度地球を見せてやりたいという、科学者たちの心意気があったのだとか…。僕なんかはにわかファンですが、これなんか見てたら、ちょっと感動してしまいました。

カメラ好きの方なら容易に想像できると思いますが、我々が感情移入できるのは生き物だけじゃないですからね。7年間の長きに渡って運用に関わってきた人達にとっては、わが子同然の思いであったとしても不思議ではありません。この写真を見ていると、その気持ちは「はやぶさ」に伝わっていたのではないかと思いますよ。ほんとにお疲れさまでした。

ちなみに、「後継機の開発費は、麻生政権時の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」で3000万円にまで削られた」(Wikipedia)そうですが、今回の快挙によって民主党もコロっと態度が変わったみたいですね。やはりこういうことは2位ではダメなのです。頑張れJAXA!頑張れ日本!


R0012679
(GR DIGITAL )

丸の内オアゾ「情報センターJAXA i」にて撮影したロケットエンジン「LE-7A」。なにか関連する写真を、と思って探したけどこれくらいしかありませんでした…。そういえばこの施設も「事業仕分け」とやらで因縁つけられてましたな…。

hautbois0328 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)GRD2・GRD4 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔