國學院大學嘱託職員の日常

國學院大學渋谷キャンパスに勤務する(法人)再雇用嘱託職員の極私的Photo日誌(個人ブログ)。学内風景などについて書いて行きます。 入試関係では「国学院大学」を使っていますが、こだわりをもって「國學院大學」で通します。法人名は「学校法人國學院大學」ですし。 なお、内容に関連性がないと私が判断したコメント、トラックバックについては削除させていただきます。

平成29年2月25日(土) 出勤

IMG_3840IMG_3839
昨日昼に旧会計課の諸先輩と新宿で会食。さすがに平均年齢70ン歳ということもあり昼間の会ということになりました。(皆さんお元気ですけどね)

そんなこんなで今週の勤務はイレギュラーとなり、今日土曜日が出勤となりました。
IMG_3841
B日程入試前日(正確には前々日だけど、あすが日曜なので)の学内は静かで、ハトが闊歩していたりします。

IMG_3842
梅は早くも終わりかけていますが、桜はまだまだのようです。

IMG_3843
博物館の神道講座はさすがに出勤日なので聞きに行けません。取材日誌によれば盛況だったようですね。

IMG_3844
かわりに?お雛様を見に行きましたが、写真は撮れるかどうか不明だったので外から撮ったこんなところで。まあ、去年までは入り口前のホールだったので、ガラス越しとはいえ散々撮ったんですけどね。(神道ゾーンのもう一組はゾーン全体が撮影禁止なのでダメですけど)
とりあえず博物館のツイッターに写真が載っていますのでご覧ください。

平成29年2月21日(火) タモリ俱楽部のマンホール

先週のタモリ倶楽部はマンホールの蓋の話題でした。そしてなんとロケ先が本学に近いところ!(参考ページはこちら
ということで、特に「マンホーラー」というわけではない私ですが、今日ちょっとだけその場所を確認してきました。

IMG_3834
まずは広尾小学校脇の「澁谷水道」マンホール。

IMG_3835
そのマンホール脇の区画構造物?もなかなか時代を感じさせます。

IMG_3836
番組では触れませんでしたが、マンホールの上は元消防署の望楼。それがマンホールと関連するのかしないのか。

IMG_3837
もう一つは帰りに寄った金王八幡前の旧東京府雨水桝蓋。

IMG_3838
番組ではこんな感じの角度でも登場していました。

なお、それ以外の場所はわざわざ行くほど興味はないので省略しました。(^^;)


IMG_3833
最後は学内の様子。
本学は渋谷再開発事業で古いもの(地面)はほとんど残っていません。もちろん古いマンホールの蓋もありません(たぶん)。

平成29年2月17日(金) 春一番

IMG_3827
朝の渋谷駅付近。先日から通行止めになっていた歩道橋の一部ですが見事に切断されています。工事用車両の出入りのためなのでしょうね。

そして昼頃は強烈な春一番の南風が吹いていました。

平成29年2月16日(木) 「祭祀と神話」展

IMG_3825
AMC多目的ホールにて複製物展示とポスター&チラシ。それに導かれたわけでもないですが、博物館へ。

IMG_3826
現在、企画展の「祭祀と神話 神道入門」開催中。
これは正に國學院ならではの展示です。で、そんな正統展示の中で、私が面白く思ったのは中世日本神話のなかの「第六天魔王」についての記載。(参考ページ
天照大神を使って!仏教の浸透を防ぐという魔王。これっていいのかというお話です。織田信長も名乗ったという第六天魔王、なかなか面白いキャラ(^^;)です。

平成29年2月14日(火) たまキャンへ

お仕事でたまプラーザキャンパスへ行ってきました。
今日のキャンパス風景をどうぞ。
IMG_3824
野球場

IMG_3823
広い空(^^♪  
うらやましい…

IMG_3821
野球場脇、早咲きの桜

IMG_3820
万葉の小径(ゴミ箱が…(>_<))

IMG_3819
桜の季節なら…

IMG_3818
球技場

いつも思うのですが、たまキャンは”余裕”があっていいですね。

平成29年2月11日(土・祝) 建国記念祭+α

建国記念の日です。建国記念の日についての私の異議については過去の2月11日記事をご覧ください。

ま、それはともかく建国記念祭に参列してきました。風が弱かったので「やや寒」程度。とはいえ、時期らしく祭典終了ごろには手がかじかんでいました。
以下はいつものように祭典の様子です。
IMG_3817

IMG_3816

IMG_3815

IMG_3814

IMG_3813

IMG_3812

IMG_3811

IMG_3810

IMG_3809

IMG_3807

IMG_3806


今日は直会(昼食)後に、昨日の東京メトロ24時間券を利用して少々お出かけ。
IMG_3802
まずはこちら、神保町の東方書店です。中国書中心ということでちょっと敬遠、東京堂の向かいにあるにもかかわらず今まで入ったことはありませんでした。

IMG_3805
今回の目的はこちらの本たち。同人誌のようですが、こんな本を出しているんですね。特に手前(右側)の2冊に興味があり、ここで販売していると聞いて買いに行ったものです。しかし、「軍師必携」とか「科挙対策」とかかなりのマニアックさが漂います。出版社ページはこちら

IMG_3803
次に向かったのはこちらの丸善日本橋店。3階にワールド・アンティーク・ブック・プラザなるところがあるというので行ってみました。「イメージでたどる、幕末・明治期の日本」の展示をやっているとのことだったのですが、要は古写真等の展示販売でした。興味深いものもないわけではないのですが、まあそれなりのお値段がついていてちょっと個人では無理。展示をじっくり見るという博物館的なものではなかったので早々に退散しました。

ま、24時間券を使い倒して(たぶん600円の倍は乗った)、いろいろ見に行けたのは良かったです。また機会があれば使ってみたいですね。

平成29年2月10日(金) 上野へ(KANNON HOUSEと24時間券)

小雪の舞う中上野へ行ってきました。
目的地は時々行っているびわ湖長浜KANNON HOUSEです。
本日は金曜日。午後5時からの一時間はスペシャルライティングとなっています。
IMG_3797

IMG_3798

IMG_3799

IMG_3800
いかがでしょうか?特に今回の観音様は一部色付けされていることもあり美しさが際立っているようです。一人じっくりと観音様と相対することができる機会はあまりないかと思われます。(もちろん、係員さんは後方にいますが)
皆さんもいかがですか?

IMG_3801
今回金曜の夕方に行ってみようと思ったきっかけはこちらの切符。東京メトロの24時間券があると知ったから。1日乗車券ではなく24時間券。つまり今日の夕方から使い始めると明日の夕方同時刻まで使えるということ。600円でその間乗り放題は安い。今日既に240円分×2回乗ったから、明日1回乗れば元は取れる勘定です。何か所か行きたいところもあるのでこれは使わなくてはという次第。この切符もおすすめです。

平成29年2月9日(木) 「なつかしき昭和の暮らし」展@白根記念

IMG_3789
昼休みに近隣白根記念渋谷区郷土博物館・文学館へ。

IMG_3790
企画展「なつかしき昭和の暮らし」を見てきました。

IMG_3791
撮影可エリアのハチ公像(複製)も今回の展示はなじんでいるような。
家電・住宅・流行という3つの切り口から見せるということですが、例えば「暮らしの手帖」の商品テストのページと当時の電化製品を並べることでその時代を感じることができます。まあ、私がその時代を生きてきたからなのでしょうが、なかなか面白い企画だと思います。

IMG_3788
降り始めた氷雨のなかの梅の花など。

IMG_3785
緑咢梅は少し散り始めていたかも。

ということで今日はほぼ霙の一日でした。そんな様子をたまには動画でご覧ください。

平成29年2月7日(火) 博物館は休館中

IMG_3778
現在博物館は展示替えなどのため休館中です。11日(土)から次の企画展「祭祀と神話―神道入門―」とともに開館します。
で、大学構内の案内図を見る中年の女性の方々を発見。お聞きすると、山種美術館に来たら休館中(15日まで)でこちらに回ってきたのだとか。とりあえずこちらの状況を説明して白根記念渋谷区郷土博物館・文学館をご紹介しておきましたが、ちょっとこの休館期間の重複はタイミングが悪かったかもしれません。
近隣の白根記念さん、あるいは温故学会さんあたりも紹介する掲示でも出した方がよいかもしれませんね。

IMG_3779
学内は神職養成講習会受講者の白衣が目立つシーズンになってきました。

IMG_3780
今日は風が冷たい一日で、しばらく冬の寒さが戻ってくるようですが、植物は春に向かう態勢を整え始めています。


話は変わって、こんな本を読みました。

杉浦日向子さんの没後10年記念の出版だそうです。(2015年刊)
その中でお兄さんの鈴木雅也さんが書いておられるのですが、「近くの「ツツヰ・サウンド」に行き(中略)ちなみにこの店は赤塚不二夫さんの贔屓の店でした」とのこと。ん、ひょっとして中井駅周辺?うちの近くじゃないか!

IMG_3784
ということで本日ちょっと探してみました。多分ここではないでしょうか。杉浦日向子さんが近くに住んでいたというのはちょっと嬉しかったりします。とはいっても、うちの引っ越しが2年半前なので時期的にはズレているのですけどね。(^^;)

平成29年2月6日(月) 第(大)六天社巡り

落合・中井近隣には第(大)六天社がいくつかあります。第六天は織田信長が名乗ったという「第六天魔王」に由来するもので旧武蔵国及び周辺に多くあったもののようです。中井・葛谷の両御霊神社もありますし、この付近はなにか怪しげな雰囲気が漂うような気がしないでもないような。(詳細はあらためてこちら
まあ、中井御霊神社の宮司さんは御霊信仰とは関係なく五霊だといっていましたが。

25cb693b
で、まずはこちらは2年前の記事で紹介した下落合4丁目の大六天社。(今回は行っていません<(_ _)>)

IMG_3714
そしてもう一つの大六天社。中井駅付近六天坂下にあります。元は坂の上にあったようですが、現在はほとんど邸内社のような状態で小さなお社があります。(こちら1月28日撮影)

IMG_3766
で、本日行ったのが東中野一丁目の第六天神社。

IMG_3768
この道の手前側正面に神社はあるのですが、細くて緩くカーブする道はブラタモリ的にみると川の跡でしょうか?確かに古い地図には細い水路が描かれています。

IMG_3769
社号標?由来が書いてあります。蔵前の第六天社の御分霊を移したとのこと。

IMG_3770
道しるべがありました。「左堀之内 右ぞうしがや道」と書かれているようです。

IMG_3771
さっぱりとした境内。鳥居正面ではなく右手に社殿があります。なぜだろう?
関東の武蔵周辺だけにあるという第(大)六天社。どういう意味があるのか気になるところです。


最後はおまけで近隣延寿東流庭園の梅と蝋梅をどうぞ。
IMG_3761

IMG_3762
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索
QRコード
QRコード
Recent Comments
twitter(たまに発信中)