無題







ソフトバンク秋山幸二監督(51)は、3打数3安打3打点の2番今宮に満足そうだ。3回に先制犠飛、5回に勝ち越し2ラン。いずれも9番本多が二塁打で出塁し、中村が犠打で進め、今宮が仕事をした。「ポンちゃん(本多)、(中村)晃、今宮。3人がいいんじゃない。確実に点を取っていってね」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000092-nksports-base
無題


>ポンちゃん。晃。今宮。

秋山監督ウキウキでワロタ。です。

中村選手は打撃が本調子では有りませんが、2度の送りバントを確実に決めました。

バントではなく打ちたいんだろうな、と言う思いは打席から何となく伝わってきましたが・・・


中村選手の調子が上がらない時に前後の本多選手、今宮選手が

上手く噛み合い下位打線からでも得点に繋がっています。


今のように3人がその時の調子や戦況によって

様々な攻撃を仕掛けることが出来るのは、かなり強みになるのではないでしょうか?


ランナーを返す“3番今宮選手”のような形でしたが、これは未来のホークスの形かもしれませんよ。







おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG