無題








バランス重視の改良版フォームで、13年目の寺原が粘り強い投球を見せた。毎回の5安打を許しながら、予定の5回を1失点。「納得はしていないが、前回よりいいイメージ。この投げ方でいく」。開幕ローテが確実なベテランは力を込めた。

前回登板した4日の阪神戦は、今季取り組んだワインドアップ投法での制球が乱れた。ノーワインドアップ投法に戻したこの日は、工夫の跡も見せた。体を三塁側に向けて、あらかじめ右足をプレートに並行にかけて体の軸のぶれを抑えた。


昨季はFAで7年ぶりにタカに復帰したが4勝止まり。今季は開幕ローテの5番手として期待される。「今のところ一番しっくりきているが、もっと状態を上げていけたら」。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/75352
無題

5回5安打1失点だった寺原に対するソフトバンク秋山幸二監督のコメント。 

「試しながらやっているのはいい。自分のリズムができれば球が強くなってくる」。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp1-20140313-1269476.html





立ち上がりからピンチだったので、安心して見ていられる内容というわけでは有りませんでしたが、

自責点0。新しいフォームに手応えを感じているようなので、多少期待してしまいます。


何だかんだ、寺原投手が活躍すれば嬉しいのですよ。

見る目が厳しくなるのもそのせいなのでしょう・・・



今の時期に新フォームを試していて大丈夫なのか!?

次このフォームでダメだったらどうするんだ!?



とか色々考えてしまいます。


とにかく去年の4勝よりは勝ってもらわないと。

打線はしっかり援護してくれるでしょう。








おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG