ssp20140314509view









ソフトバンク・李大浩のオープン戦打率が、自身の体重と同じ「130」まで落ち込んだ。「4番・一塁」で先発出場するも3打数無安打。オープン戦は通算23打数3安打、0打点で打率・130となった。

 「ダイジョウブ。(開幕は)28ニチ!」


3年契約最大16億円の超大型契約で加入した4番候補は余裕の表情をみせた。オリックス時代の2年間の通算打率・294、308安打、48本塁打、182打点を誇った韓流大砲が低空飛行だ。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20140314/haw14031409430001-n1.html


なかなか、快音が聞かれないイ・デホ選手・・・

4番で本来の働きをしてくれれば、間違いなく打線が最強に近づくとは思いますが

ホークス特有の4番の呪いなのか、調整不足なのかこれまで微妙な成績。


しかし、まだオープン戦段階なので

シーズン始まれば普通に打ち出すと期待しましょう。


秋山監督は「李大浩サン、いい当たりもあった。打ち損じがある。これから上げて行ってくれるでしょう」と変わらぬ信頼を寄せた。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20140314/haw14031409430001-n1.html


秋山監督は「李大浩サン」

サン付けは高評価ポジションの呼び方ですが、クン付けにならないよう頑張ろう
李大浩サン










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG