ph_august01H-01







右肩違和感で2軍調整中の武田が14日、西戸崎室内練習場のブルペンで捕手を立たせて50球を投げた。
捕手を立たせての投球練習は既に数回行っており、斉藤リハビリ担当兼ファーム巡回コーチは「本来の姿にかなり戻ってきた」と評価。捕手を座らせる時期について「目標は設けない。肩の状態を完全に戻すことが大事」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/75807
無題



以前、肩の違和感で2軍へ降格した武田投手。


武田 ローテ争い脱落 右肩違和感 再調整
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/70240

B組調整中の武田翔太投手(20)が、16日までに開幕ローテーション争いから脱落することが濃厚になった。昨季も悩まされた右肩の違和感のため、前日 15日の第3クール初日から別メニュー調整に移行。この日も体幹トレーニングを中心に行い、ボールを使っての練習はごく軽めのキャッチボールにとどめた。


ブルペン自体には2月から入っていたようですが、

今のところ順調に調整しているようです。

まだ若いですし、肩ですし、焦らずやってください。









>なお、初スタバの模様

お、Jか?






おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG