無題








2軍戦でも、左腕2人の熱い先発バトルが繰り広げられた。ウエスタン教育リーグの広島戦(由宇)にオセゲラと帆足が登板。先発したオセゲラ、3番手で6回から登板した帆足がともに4回を2安打無失点と結果を残した。

教育リーグで、共に4回2安打無失点の両投手。


インフルエンザB型に感染し静養しているウルフは17日の1軍投手練習から合流する見通しだが、郭泰源投手コーチは「まだどうなるか分からない」と、開幕に間に合うか微妙な状況を示唆。代役にはこの左腕2人を想定しており、投球内容は重要な判断材料になりそうだ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/76140

加藤コーチはウルフ投手に代役は立てないとは言っていましたが、


ウルフ離脱も全幅の信頼 加藤コーチ「代役はウルフに失礼」


現状では、開幕間に合うか微妙なところでしょうか?

2軍相手には好投していても、1軍相手ではどうなるか分からない所がありますので

オープン戦で投球を見てみたいです。


帆足投手は前回投げましたが、4回6安打3失点と微妙。

オセゲラ投手はしばらく1軍で投げてないので、この辺りで登板させてみても良いのでは?


中田賢一投手の脚の具合も気になるところですが・・・

ソフトB中田 右太腿裏に張り 開幕ローテ確定も暗雲

「投げている途中で塊のようなものを感じた。もう1回投げられたが、今まで違和感を感じたことがない場所だったので、大事を取りました」と説明。アイシン グ治療などを施した田中和彦トレーナー統括は「深刻なものではない」と言いつつ、「あした(16日)の様子を見て」と慎重だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00000052-spnannex-base










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG