9








痛すぎる敗戦の中、2試合連続で1番に入った本多が救いだった。

オープン戦では12球団2位の打率4割2分6厘も、1番で起用された開幕戦は無安打。2戦目からは9番となり、開幕5戦目を終えた時点で打率1割台 と低迷。それでも、5試合ぶりにトップバッターで起用された3日の日本ハム戦で今季初の2安打を放ち、浮上のきっかけをつかんだ。 この日は9回にも元同僚のファルケンボーグから右中間フェンス直撃の三塁打を放ち2戦連続のマルチ安打。「9、1、2番のつながりを、もっとつくれるようにすれば点は取れる」。復調した切り込み隊長に、大暴れの予感が漂ってきた。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/80278

現在、痛い敗けが続きホークスの雰囲気が悪い!

ので、良かった所を取り上げますよ。


オープン戦は調子の良かった本多選手ですが、開幕後は不調・・・。

しかし、1番に入った後から2戦連続マルチなど復調の兆しが。

そして昨日は楽天ファルケンボーグ投手との対決。

1
2
相変わらず背文字がナガイデスネ。



3

2球目を本多選手がジャストミートォ!
4

角度的に入ったか!?
5
6
も、ギリギリ入らず。




速攻3塁ベース上に着いた本多選手も。
8
「え?入ってない?今の入ってない?」と笘篠コーチに。



笘篠コーチ「一番深いところだよ。」


本田選手も悔しそうなこの表情。
7

今のところ、内川、イ・デホ、長谷川選手のクリーンアップは安定中。

その前に、何とかランナーを貯めておきたいところ。

「9、1、2番のつながり」

本多選手の復調で打線に活気を!!












おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG