seibu-bb-201203236-1-ns300









攝津が6月上旬に1軍復帰する可能性が出てきた。
現在ファームでリハビリ中。
22日に最多も80球を投げ込む。
27日からのウエスタン2戦
※訂正で実戦復帰。
6月3.4.の巨人2連戦で先発するプラン浮上
-紙面より
P000001011_1

症状は筋疲労と軽かったので、長期離脱は無いと思っていましたが

リハビリ初日からキャッチボールなど予想より早く調整している印象。

もっとゆっくりしてもええんやで?


なおブルペンではキレが戻った直球と変化球を投げており、カウントを想定するなど実戦スタイル。


前回、怪我後初のブルペンに入った時は肩に引っかかりがあったと話していましたが、

今回は「肩の引っ掛かりも少なくなってきた。」と回復気味。

加藤コーチ「経験豊富なので2軍登板は1試合でいいのでは」と話す。


首脳陣は回復が最優先。巨人戦復帰はあくまで最短のスケジュール。

と、あくまで6月の巨人戦復帰は最短コースなので確定では無いそうです。


戻ってきて活躍してくれれば心強いですが、あんまり早いのもそれはそれで心配。



まずは27日からの阪神戦で実戦登板予定。そこでまた復帰時期は変わるでしょう。

首脳陣が回復優先なら、多分、最短コースでの復帰は無いと思いますがねー・・・。


ウルフ代役のオセゲラ投手(予定)や岩嵜投手には頑張ってもらわねば。

攝津を安心させる投球を。オナシャス。





おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG