u










ソフトバンクのブライアン・ウルフ投手(33)が29日、右肘検査のため米国へ一時帰国した。福岡空港でウルフは「右肘のあたりが少し痛い」と話した。19日に福岡市内の病院で右肘内側靱帯(じんたい)の炎症と診断された。ウルフは03年にトミー・ジョン手術を受けた米国の病院でセカンド・オピニオンを受ける予定。「できるなら手術はせず、リハビリで早く治したい」と話したが、手術を勧められる可能性もある。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140530-1309372.html


ホークス…外国人…帰国…う、頭が・・・。

ウルフ投手が右肘検査のため一時帰国へ。

前回登板時に2回途中6失点で右肘の違和感を訴え緊急降板。
bb-hasei140517-uruf-ns-big


ウルフ投手もトミー・ジョン手術を受けてたんですね。

本人は「米国での検査の手はずも済んでおり、早く帰りたい」とは言っておりますが、

万が一、手術となると長期離脱も・・・?

ウルフ投手はスタッフのハンバーガー配給係であり、貴重な戦力。

怪我ならもうしゃーないので、無理せず万全の状態でまた復帰して欲しいですね。



開幕当初はローテを崩さず回しておりましたが、

ここ最近は怪我での離脱などでローテも大きく変わっております。


ウルフ投手の抜けた穴は、オセゲラ投手に埋めてもらうとしても

万が一の時には、雁の巣の若手投手陣にもチャンスが回ってくるでしょう。

救世主となるチャンスや!






おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG