201406060004_000
11日の中日戦で先発予定の飯田







故障者続出の先発陣に秘密兵器! 
5月に支配下選手登録された飯田優也投手(23)が、11日の中日戦(ヤフオクドーム)でプロ初先発することが決まっ た。2013年の育成ドラフト3位で入団し、プロ2年目の今季はウエスタン・リーグ最多の7勝を挙げるなど好調。185センチ、86キロの大型左腕がいよいよ1軍でベールを脱ぐ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/93124

前回、飯田優也、12日(中日戦)先発候補浮上という記事がありましたが、

11日の中日戦での先発が決まったようです。


決定と書いてありますし、今度は本当に決定でしょう・・・。




ちなみに12日は攝津登板予定。


「肩は大丈夫」 次は12日竜戦 摂津

4日の巨人戦で約1カ月ぶりの4勝目を挙げた摂津が、筋疲労を訴えていた右肩の復調をアピールした。26日ぶりの1軍マウンドで5回を4失点、108球を 投げたエースは、一夜明けて「(肩は)大丈夫。次回も全然問題ない」とうなずいた。次戦は12日の中日戦の予定。「次はもっとしっかり投げないと」。さら に長いイニングを投げ、先発として仕事を果たす決意だ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/93121




飯田は先発陣の「秘密兵器」でもある。5月末に右膝の手術を受けた寺原は今季中の復帰が絶望的。ウルフは右肘の検査で米国に一時帰国している。右肩の筋疲労から復帰した摂津が4日の巨人戦で約1カ月ぶりの4勝目を手にしたが、27日の西武戦(西武ドーム)で再開するリーグ戦では、先発投手が6人必要 だ。 

加えて摂津、中田、帆足、オセゲラ、スタンリッジの現先発陣は全員30歳以上。フレッシュな23歳左腕が新風を吹き込めば、V奪回への強力な推進力になり得る。プロ入り前は全国的には無名だった背番号42が、梅雨空を吹き飛ばす快投で「飯田優也」の名をアピールする。
 

故障者続出のニュースが相次ぐ中で、ホークスファンの希望になってくれ飯田くん!!

2軍での実績十分、何かハードルが上がりまくってる気がしますが、

どこまで通用するのか楽しみです。


ですが初先発が本拠地。

緊張はもちろん2軍とは雰囲気も全然違いますし、

なるべく楽な展開で投げさせてあげてほしいですね。

諸先輩方。飯田愛をオナシャス。







おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG