20707b0c








名誉挽回のレオ倒でローテ定着だ! 秋山ホークスの交流戦明けの先発ローテーションが23日までに固まり、開幕ローテーション入りを果たしながら1試合で2軍に降格した東浜巨投手(24)が、29日の西武戦(西武ドーム)で1軍に復帰することになった。22日の巨人戦で先発した飯田が2回途中6失点でKO されたこともあって、先発のチャンスを手にした。27日からの西武3連戦(同)にはエース摂津、中田、東浜の3人の右腕で臨む。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/97014

交流戦明けのローテが誰になるのか、楽しみというか気になってはいましたが。

まずは最初の西武3連戦は攝津-中田-東浜で行く模様。

飯田投手が一度登板を飛ばすということで抹消。

そこに選ばれたのが東浜投手。

「準備はしてきたので、ファームで自分がやってきたことをしっかり出したい」。日焼けして精悍(せいかん)さを増した右腕が、表情を引き締めた。2軍戦で は12試合に登板して5勝4敗。ウエスタン・リーグ2位の防御率2・28を残している。22日の巨人戦でプロ2度目の先発登板だった飯田がKOされ、23 日に出場選手登録を抹消された。そこで東浜の出番がやってきた。

■制球力に自信

 2軍では時間をかけ体づくりから行い、6月に入って完投を2度記録するなどタフさを増した。「打たせてとる技術や低 めを突く制球力への自信を増した」という。西武とは初対戦。「打ち始めると止まらない印象だけど、相手に合わせるよりも自分の投球をしたい」。20日に 24歳になったばかり。先発ローテ定着へ、結果を求めていく。


ちな2軍成績
無題


ここ最近は完投しまくったり、プロ最速の148キロを出したり・・・。

好調を維持しています。また四球が減っているのも好材料。

ここで結果を出せばローテ定着も十分あります。

1軍での登板は今季まだ1回。何とか頑張って欲しい。



摂津&中田 ソフトB同学年コンビ投入で後半戦スタートダッシュ

再ダッシュローテで再奪首だ。ソフトバンクは交流戦明け最初のカードとなる27日からの西武3連戦(西武ドーム)にエース摂津正投手(32)とチームトッ プ7勝の中田賢一投手(32)を1、2戦目に投入することを決めた。リーグ戦再開最初のカードに同い年の二枚看板を続けて起用し、ゲーム差0・5としてい るオリックスから首位の座を奪い返す。

28日は14日のDeNA戦(ヤフオクドーム)で右膝に打球を受け、休養も兼ねて出場選手登録を抹消された中田が先 発する予定だ。摂津、中田は首位オリックスと球宴前最後の対戦となる7月8~10日の3連戦(同)では登板できないが、首脳陣はリーグ戦再開で再ダッシュ をかけることを重視した。「まだ、オリックスだけを意識する時期ではない」と小川史ヘッドコーチ。摂津、中田を1、2戦目につぎ込んで3連勝発進した開幕 ロッテ戦の再現を狙う。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000093-spnannex-base
無題

その前の同級生仲良し攝津中田コンビで勝ち越しを決めておきたい所ではあります。

ここで勢いを付けておきたい。




その後のロッテ戦はスタン-帆足-岩嵜で行く模様。

img_2

2カード目となる7月1日からのロッテ戦には、35歳のスタンリッジ、34歳の帆足と交流戦でも結果を残した左右のベテランが登板。3戦目の先発は岩崎になりそうだ。11日の中日戦(ヤフオクドーム)で5回3失点という及第点の内容ながら、最大4連戦という交流戦の日程の都合上、2軍調整を続けていた。

先発が苦しい今、東浜岩嵜のローテ定着とかなればなあ。

岩嵜投手も1軍で大崩れって感じでは無いですから、粘れる投球を期待。



ちなみに西武のホークス3連戦は

牧田(下)野上(上)十亀(横)で来るそうです。
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG