1








ブルージェイズの川崎は24日(日本時間25日)、ヤンキース戦に「9番・二塁」で出場し、3打数1安打だった。内容は死球、右前打、遊ゴロ、空振り三振で打率は2割1分1厘。

  川崎が3―0の5回先頭打者で右前打を放ち、この回の3得点への土台をつくった。「あのヒットは大きい」と自賛した。相手先発のフェルプスに対しては、この試合まで5打数無安打3三振だった。追い込まれて内角速球を見逃すパターンが多かったが、今回は「イメージが残っていた」とコンパクトに右前へ運んだ。

 試合前には、サッカーのワールドカップの日本代表を応援。敗戦に悔しそうだったが「必死に戦っている姿に勇気づけられた」と感動した様子だった。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/06/25/kiji/K20140625008439220.html

ブルージェイズはヤンキースにサヨナラ勝利!

ムネリンは3打数1安打!



2

3得点に繋がるヒットに「あのヒットは大きい」と自賛。

やったぜ。

ジェイズガールも喜んでます。

1



8回同点で二死満塁の場面で打席が回ってきましたが、

このチャンスでは空振り三振。
惜しい。


無題

ここで打てればムネリンがヒーローになれたかもです。

今後も出場が続けば、こういうチャンスの場面での打席も増えると思いますが

打点も記録してアピールしてほしいですね。まだまだムネリンに期待。チェストー。












おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG