001-ky-20140627-baseball-ns-big








夏と言えば花火でしょ。交流戦ノーアーチに終わったソフトバンク松田宣浩内野手(31)が打撃フォーム改造に乗り出した。今日27日西武戦(西武ドーム)でのリーグ戦再開を前に26日、ヤフオクドームでの全体練習に参加。「打ち方を変えた」と明かし、フリー打撃では、打ち上げ花火のような高い弾道で右方向にもスタンドインさせた。   

松田と言えばライナー性の打球が特徴的だった。「フライを打つようにした。これまでみたいにライナーを意識したら、ダウンスイングで打つポイントが1点だけになる。バットを内から外から出してレベルスイングかアッパー気味にしたらポイントが多くなった」と独自理論を展開。4月下旬から続けた打席での足踏みもいったん封印する。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140627-1324677.html

まーたマッチが新打法を生み出すのか・・・。

試合間隔が開く度にフォーム改造している気がしますが。

フォームがコロコロ変わるのも恒例やね。


交流戦はノーアーチやったんやね。

チームトップの12本は打っていますが、

それでは足りないと打球に角度を付けるフォーム改造。



なお「足踏み打法」はやめる模様。

奪首へ「足踏み」はしない。リーグ戦再開を翌日に控え、選手たちの気合、集中力が高まっていたヤフオクドームでの全体練習。ソフトバンク・松田は打撃練習 で新打法を入念にチェックした。これまで打席で足踏みして投手との間合いを取っていたが、静止させた。「動から動」ではなく「静から動」へ変更。

松田は 「ずっと足踏みのタイミングが良かったけど、最近はそれが惰性になっていた。動きすぎてためがなくなった。静かに打つように変えました」とフォーム修正の 理由を説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000073-spnannex-base


「動から動」ではなく「静から動」へ。

足上げるタイミングが分からないとか言って、

長谷川に助言求めるぐらいだからね、しょうがないね。


なお松田選手の打順は7番に入るのが濃厚な模様。


一発を放てば、今季チーム9勝2敗

貯まったランナーを一気に返しまくってほC。


201405030004_000_m






おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG