若鷹は名無し 2014年6月29日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2014062901/












2
無題


29日の西武戦 「完投目指す」 東浜

29日の西武戦で先発予定の東浜が、約2カ月半ぶりに1軍の投手練習に参加した。この日は約1時間半、ヤフオクドームでキャッチボールなどをして汗を流した。ウエスタン・リーグで3完投した2年目右腕は「まだ1軍は2人しか完投していない。初回から飛ばして完投を目指す」と宣言。昨年10月5日に日本ハム とのシーズン最終戦でプロ初完投初完封を果たしたが「無四球の割に球数が多く、完璧ではなかった。早いカウントで勝負する」と今度は少ない球数で投げきるつもりだ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/97238
201406250002_000_m

内川 105打席ぶり適時打 「ここからが大事」

試合は敗れたが、戦列復帰2戦目での初タイムリーは明るい材料だ。内川自身、4月26日の西武戦の第1打席以来、実に105打席ぶりの適時打。好機 での敬遠四球などもあり、右大臀(だいでん)筋肉離れでの離脱前から「タイムリー欠乏症」に陥っていたが、このトンネルも抜けた。

 「あの方向(中堅)にヒットが出たのはいい。試合勘とかはもともと気になっていなかったし、ここからが大事」


 故障による約1カ月のブランクを不安視する声もあったが、バットで打ち消した。「6番DH」で復帰した27日も中前打をマーク。5番に打順が上がったこの日は初回も中前打で好機を拡大するなど、復帰後初のマルチ安打で貫禄を見せた。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/98130

森 試合立て直す 3回1/3 被安打1無失点

 新人右腕の森が試合を立て直した。先発中田の乱調で、逆転された2回2死一塁の場面で登板すると、1打席目に2ランを放っていた4番メヒアを空振り三 振。その後は5回までの3回1/3を被安打1で無失点、5奪三振と西武打線の攻撃を食い止めた。「いつもしっかりと準備をしてますから。交流戦のことも あったので、きょうはその反省を生かせた」。交流戦終盤は高めに浮いた球を痛打されるシーンが目立っただけに、丁寧に低めを突いていた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/98129




放送予定

13:55~15:20 BS朝日

12:45~17:00 テレ朝チャンネル2

12:55~放送終了 KBCラジオ

13:00~放送終了 RKBラジオ 


パ・リーグTV



本日もよろしくお願いします!

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。








おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG