無題








そんな“鷹の安打製造機”が自身の注目ポイントとして挙げたのが、特徴的なルーティンワークを伴った打撃フォームだった。「打席で面白い動きをしていると 思うので、他球団のファンの方にも見てもらいたいですね。(オールスターは)注目が集まるところなので、面白いことをやってるなと思って見てほしいです」 と話した。

 長谷川の動きとは、構えに入る前に小刻みにカクカクとするしぐさだ。スイングから逆算していったもので、長谷川にとっては打撃フォームの一部でもある。そんな中で、球団内でも「打法命名」の動きが出てきている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000007-tospoweb-base


特徴的な打撃フォームを持つ一流選手には、ヤンキース・イチローの振り子打法、中日・落合GMの神主打法など、愛称が付けられている。今や長谷川もチーム の中心選手であるだけに「ピッタリなものが付けられれば本人のさらなる認知度アップにもつながりますしね。いいものがあれば、もちろん球団も(そのネーミングを使っての売り出しなどに)動きますよ」(営業関係者)。広く“募集中”だという。

 球団内で出ている案の一つが「ロボット打法」だ。構える前の小刻みにカクカクとした動きはもちろん、安打製造機のイメージにも合致する。昨年の球団CM でも「安打量産型ハセガワ」の名前でロボットのCGをかけられたこともあった。営業関係者は「じっくり見ていると本当にロボットみたいな動きだからね。本 社もロボット事業をやっているし、ちょうどいいんじゃないか」。


長谷川打法のネーム募集(募集するとは言っていない)

もちろん球団も(そのネーミングを使っての売り出しなどに)動きますよ(売りだすとは言っていない)


公式発表ではないのであれですが、東スポによると打法のネームを広く募集中だとか。


いつも売り出す売り出す言って売り出す気配ありませんがね・・・。


本当に売りだすのならばピッタリの打法付けなければ。


ちなロボットCM





選手会長の松田も、「マニアック打法…。いや、違う。職人打法!」と思案

この相変わらずの適当感。

なお球団が提案するのはロボット打法。






真似する福浦さん





いざ考えるとなると難しいですが、いいのが有れば球団に送りつけてやろう(提案)



見れば見るほど癖になる



















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG