若鷹は名無し 2014年7月11日
2
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014070801/










久しぶりに雁の巣打線を振り返るお時間です。

敵地でオリックスとの3連戦。初戦。


打撃成績。
1

計12安打5得点と持ち味を発揮した雁の巣打線。

最近は、1軍で怪我の選手が相次ぎチームにとっては痛いですが

2軍の選手にとってはチャンスでも有ります。みんなアピールせないかんとです。

1番に入った育成の釜元選手が足での巧みな攻めを見せました。


1点を追う5回にレフト前ヒットで出塁。その後2塁へ進塁。

オリックス近藤の暴投で捕手がボールを見失っている間に二塁から一気に同点のホームイン。

「迷うこと無く行きました」と好判断。2安打1盗塁3得点の活躍。

フレッシュ球宴も楽しみ。支配下登録も近いのではなかろうか。期待です。

高田、塚田、猪本さんらがマルチ。

猪本さんは2安打1打点2四死球と全出塁。一寸先はパラダイスですわ。


投手成績。
2

先発笠原投手が初勝利!

3bb527c2-s

期待の左腕。笠原投手がオリックス打線を相手に7回3失点。

プロ公式戦初勝利を挙げました。

初回に四球から3ランを浴びるなどしましたが、2回からは持ち直して無失点。

最速143キロの直球とツーシームのコンビネーションが効果的。

3度目の正直でやっと初勝利。

山内コーチは「初回は褒められないが、2回以降は踏ん張った。今後も長いイニングを投げさせてたい」と期待。

鷹の大谷世代。頑張ってくり-。

その後の、星野、江尻投手は安定の無失点。

江尻投手は3奪三振。
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG