ed4b3a027e74a547ccd8646472d70c8e









「自分で思い描いていたよりも3人ですんなり終われた。ホッとしているというのが率直な感想です」

  元タレントの優子夫人への感謝の言葉も忘れなかった。「ここまで支えてもらえていなかったら、この舞台に立てたかどうかも分からない」。食事面でのサポー トはもちろん、今季は愛知・蒲郡、山口・由宇など、登板するすべての試合に駆けつけ、明るく左腕をもり立てた。この日もスタンドで登板する姿を見守ってく れていた。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/289640/


大隣さん復帰後から各スポーツニュースやスポーツ紙で大隣さんが取り上げられて嬉しい今日此の頃。

関連記事:「ソフトB大隣が難病から復帰登板を果たす!」


そこでやはり注目されるのが大隣さんの嫁さん。



arasi20ootonari

大隣さんの嫁さんと大隣さんの嫁さんの旦那さんと愛犬クロエちゃん。

何とも微笑C。



大隣さんがホークスに入団後は好結果を出したり、そうでなかったりと中々安定しない投球が続いていた大隣さん。

時に秋山監督に「大隣君はねえ・・・」と言われたり、

温厚な高山コーチに怒られたり、

小久保キャプテンからマウンドでマジ説教されたりしておりました。


そして、結婚した大隣さん。

嫁さんと小久保キャプテンからメンタル面を指摘され、メンタルトレーニングを始めました。


書籍からヒントを得ている。この日対戦した山崎の本も読んだ。「この人はこう思ってやっているんだ」と精神的に優位に立ち、4打数無安打2三振と完璧に抑 えた。

夫人が読んでいた本がきっかけでメンタルトレーニングも始めた。「まだ初級ですがトレーニングを受けて変わった。今年は全然弱気にならない」とプラス思考になった。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120615-967728.html

打たれて落ち込む大隣さんを励まそうと、自分の顔に変なメイクを施し家で迎えたり、

結婚後はしっかりとした食事を提供し、自主トレに帯同し後輩の食事まで管理して頂くことも。

その後、大隣さんは好成績を収めるようになり、オールスターに出場、WBC日本代表に選出されるまでに。

本当に大隣夫人の献身的な支えには頭が下がります。


手術を受けることになった大隣さんに対しても、その献身的な姿勢は変わらず、



都内の病院で手術を受けた大隣。2週間の入院中、優子夫人はベッドの隣にある小さな一人掛けのの硬いソファで寝泊まりした。ベットから起きられない間は大隣の体をこまめに拭き、食欲が戻ると病院近くのハンバーガー店を1時間も探しまわった。

背中にメスを入れ、背骨の一部を取り除いた。「もう投げられないかもしれない…」。麻酔で眠る前は、これ以上ない恐怖感に襲われた。「精神的にも、1人では絶対に耐えられなかった」。術後の2日間は寝たきりだったが、優子夫人の献身的な支えもあり、3日後には歩行器を使って自力でトイレにいった。一塁側スタンドで大粒の涙を流しながら見守った伴侶には、試合後「ありがとう」と電話を入れた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/101195


よく若手投手でメンタル面を指摘される選手が多々おりますが、

早くイイ嫁さんを見つけて欲しい(切実)






なおこんなエピソードもありました。


手術から数日後には、投手陣を中心にお見舞いが届いた。当時、チームより早く都内に入っていたエース攝津は手術2日 後に一番乗り「待ってるから」と声をかけた。翌日には同じ左腕の帆足が、ジャイアンツグッズを買って病室を訪れ「おまえ、巨人好きだったよね」ととぼけて元気づけてくれた。




なお、大隣さんは14日に登録抹消され、後半戦での先発に向け2軍で調整するとのことです。











おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG