haw14032915030001-p1









ソフトバンクの秋山監督が首位攻防戦を前に精力的に動いた。ヤフオクドームでの全体練習では、打撃が下降気味の柳田、長谷川にロングティーを指示。「目的はバットの軌道(の確認)だよ。体に巻き付かせるようにバットを振ることが大事だからな」と説明した。

 オリックスの西攻略には5、6番に入る2人の活躍が欠かせない。打率が3割を切った昨季の首位打者・長谷川は「とにかく今は数を振らなければいけない」と黙々とバットを振り続けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000060-spnannex-base
無題
最近調子の落ちている柳田、長谷川両選手への密着指導。


ちな柳田選手最近6試合打撃成績
2


長谷川選手最近6試合打撃成績

1


2人揃って23打数4安打の打率.174。

この2人は打順も並んでいるので、両選手の不調は打線の繋がりにも影響が。



長谷川勇也外野手が約1時間の打ち込みで不振脱出を図った。

自身の打撃に僅かな狂いが生じている事が背景にある。
昨季は上半身と下半身が上手く連動し、バットが身体に巻き付くようなスイングで198安打を記録。今季は思い描くスイングを長続きさせられず。打率は昨年5月以来の2割台に落ち込むなど本来の姿が影を潜めている。

練習の途中からは秋山監督が実演するなど密着指導。
「ロングティーは体の力が上手くボールに伝わるように。どのコースでも力のこもったスイングが出来ればと思って」。
秋山監督が練習中に持ち歩く長めのバットでのスイングも求められるなど理想のスイング探しに没頭した。

-紙面より

>秋山監督が練習中に持ち歩く長めのバット(意味深)



常に良い打撃の状態を模索する長谷川選手。

実力が有るのは周知の事実。

何か良いきっかけがあれば、本来の調子を取り戻せるはず。

首位攻防戦は何としても勝ち越したい。

復調頼むよ~。






なお秋山監督実技指導は下記参照
関連記事:秋山監督ロングティーでスタンドイン「いい打球」







指導を終えた秋山監督は妙にゴキゲンな模様。

オリ3連戦前に 泰然自若の構え 秋山監督

ロングティーを行う長谷川には自ら打って実演するなど熱の入りようを見せていたが、オリックス戦に関しては「アッチッチ、アッチッチ」と蒸し暑さを連想させる言葉だけを残し、帰りの車に乗り込んだ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/103546

オリックス戦に関しては「アッチッチ、アッチッチ」。

これは何かの予言ですかね・・・。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG