11








ブルージェイズの川崎宗則選手が現地時間24日、レッドソックス戦に2試合連続となる「6番・三塁」でスタメン出場。3打数無安打ながらも攻守で持ち味を発揮し、チームの完勝に貢献した。

 初回、二死満塁のチャンスでこの試合の初打席を迎えた川崎。レッドソックス先発・デラロサの前にカウント2-2と追い込まれたが、ファウルで2球粘った あとの7球目がパスポールとなりブルージェイズが労せず先制。結局、この打席はフルカウントから空振り三振に倒れたが、追い込まれてからの粘りで得点を呼 び込んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00004895-baseballk-base

ムネリン初回2に満塁のチャンス。
1
2

2ボール2ストライクに追い込まれるも、ムネリンの持ち味であるネバネバ発動
3
4

そして7球目に捕逸
mu7251

ブルージェイズは先制。

この後打てれば、なお良しでしたが空振り三振。
mu7252
5



3回には1アウト一塁での打席。
6

止めたバットにボールが当たりピッチャーゴロ
7

1塁ランナーがアウトになりムネリンは一塁に
8

その後のフランシスコが本塁打を打ち
9

ムネリン帰還して得点を記録。

10




ムネリンは3打数無安打 チームは快勝

第1打席から空振り三振、投ゴロ、遊直で、7回に代打を送られた。打率は2割7分2厘。

 チームは8-0で勝った。


 川崎は「(1回の打席で7球目が捕逸となり先制)自分も打てればもっと良かったが、我慢したかいがあった」と話した。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140725-1340043.html

無題
ブルージェイズは14安打8得点の完封勝利!

ムネリンも3割にトントン拍子で行けるかな?

とか思いましたが、そう簡単にはいかんですね。

まだまだこれからや。チェストー。














おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG