若鷹は名無し 2014年7月26日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2014072601/











d495b7aa-s
2



今宮、バスター2度決めた!オリとの首位攻防戦に先勝

まずは2―1の5回無死一塁。「イメージでは右方向。バスターだから空振りだけは駄目」と言い聞かせ、初球を右中間への適時二塁打とした。3―2の7回無 死一、二塁では、バントを2球連続でファウルとしたが、すぐに切り替えて3球目を転がし、二塁内野安打。相手の悪送球も誘発し、4点目を奪った。

 昨季はリーグ新記録の62犠打をマークした2番打者。「これから使えるものが増えたんじゃないかと思う。相手にそう思わせるだけでも違う」と手応えをつ かんだようだ。秋山監督も「うまいこと決まったね。打線がつながっていればそれでいいけど、そうじゃなければ細かい野球をどんどんやらないといけない」と 上機嫌だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-00000062-spnannex-base

ダメ押し犠飛 内川

内川がダメ押しとなる5点目を挙げた。7回無死一、三塁で比嘉が高めに投じた真っすぐを打ち返し、飛距離十分の中犠飛。4試合ぶりの無安打に終わったが 「チームが勝てばいい。あす頑張ります」と淡々と振り返った。それでも貴重な追加点に藤井打撃コーチは「クリーンアップの仕事をしっかりしてくれた」とう なずいた。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/103779

7回に登板した森福がパーフェクト救援で岡島の“穴”を埋めた。

切れのあるスライダーを中心に3者連続で中飛に打ち取った。それでも坂口に10球、首位打 者の糸井には11球粘られるなど計26球を費やしたことに「粘られるとテンポが良くない」と反省を口にした。2011年に34ホールドを挙げるなど勝利の 方程式の一角を担ってきたが、今季はワンポイントリリーフだけでなく、ビハインドでの登板機会も少なくない。岡島が左ふくらはぎ痛で戦列を離れた今は存在 感を取り戻すチャンス。「ここ(7回)で投げたいと思っている。そのためにも結果も内容もこだわりたい」とプライドをにじませた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/103778


首位攻防第2ラウンドの26日に先発する中田が直球の制球を課題に挙げた。6月14日のDeNA戦で挙げた7勝目を最後に、リーグ戦再開後は3戦勝ち星な しで前半戦を終了。「前半戦の最後は真っすぐをコースに投げ分けられなかった」と現状を分析した。球宴期間は左肩の開きが早くならないようにチェックしながら、ほぼ直球だけを西戸崎や雁の巣のブルペンで投げ込んできた。その成果を、後半戦初マウンドで発揮するつもりだ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/103545





放送予定

14:00~16:25 FBS     最大16:55まで 

14:30~15:55 KYT      

14:30~15:55 NIB      

14:30~15:55 TOS      

14:30~15:55 KKT      

19:00~22:00 MX      

13:30~試合終了 FOXスポーツ&エンターテイメント      

13:55~放送終了 KBCラジオ      

14:00~試合終了 RKBラジオ    
 

パ・リーグTV




本日もよろしくお願いします!

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。


試合結果記事少々遅れるかもしれません。












おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG