若鷹は名無し 2014年7月25日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014072501/










雁の巣打線を振り返るお時間です。

少々遅いですが、25日昼間に行われた試合です。

遅くなってスマンのう。



打撃成績。
2

親子ゲームだけあって、出場選手が大杉内。

野手総勢18人が出ました。

特に注目されるのは移籍後初出場した川島選手。

2番サードで出場し、3安打3打点の活躍。

守備も軽快にこなし、長打も出るなど移籍後すぐの実戦でしたがさすがです。


計18安打12得点、とみんな打ちまくってますが・・・

江川選手は二塁打に本塁打。1軍でもはよ打たんかい。

猪本さんにも本塁打。2軍に降格してしまった牧原選手は2安打1打点の活躍。

塚田選手は4安打1打点。相変わらず状態の良い塚田選手。今季1軍あるかな?


投手成績
3

先発はオセゲラ投手。

無題



何とスキンヘッドになったゲラゲラさん。

ちょっといかつすぎんよー。

モヒカンは無くなりましたが、6回2安打1失点9奪三振と好投。


球数100球、3四球でしたが、山内コーチも「球もテンポも2軍戦では1番良かった」と評価。

暖かくなってゲラさんも状態を上げてきましたかね。



そして2番手は移籍後初実戦の日高投手。

2回被安打2の無失点。4奪三振と上々デビュー。


7回からの初登板では2死から連打を浴び1,3塁のピンチもギアチェンジ。
1番武田を外角いっぱいの真っ直ぐで見逃し三振に。8回は3者連続三振と好投。

「本当に緊張したけど、なんとか結果を出せてよかった。ドームのマウンドは久しぶり。広く、高く、感じた」と笑顔。

ストレート最速136キロ、「もっと球速を出したい」と反省したが、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートと持ち球をフル活用して的を絞らせなかった。










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG