若鷹は名無し 2014年7月26日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014072601/










雁の巣打線を振り返るお時間です。


オリックスと3連戦の2戦目。

一昨日の試合です。昨日の楽しそうな試合じゃないです。


あっついあっつい雁の巣球場。


雁の巣ベンチ前の地面に置かれた温度計は45度。

選手もお客さんも熱中症には気をつけよう。




打撃成績。
2

計10安打6得点。

打ち合いを制した雁の巣打線。

初回、先頭の釜元選手から怒涛の連打。

牧原タイムリー、塚田タイムリー、そして猪本さんが3ラン!

この回に一挙5点を奪い、逆転。

鷹の健さん猪本さんは結局3安打3打点の活躍でした。

lpht_20131121_68


25日のヤフオクドームでの左超え2ランから連日の一発。

11本塁打、50打点は塚田選手に次ぐリーグ2位。

「一番じゃないと駄目でしょ」と狙うはトップ。



牧原選手もマルチ。

1軍では初安打はあったものの結果を残すことは出来ず。

まだまだこれから。頑張れー。


投手成績。
3

先発は山田投手。

5回12安打4失点。3奪三振。1四球。


うーん。

毎回ヒットでランナーを出してしまう苦しい内容。

むしろ4失点でよく済んだなとも。なかなか抜け出せんなあ。


2番手大場投手は味方のエラーもあり1失点。自責は0。

3番手星野投手は7回8回の2イニングを投げ、無失点。

無安打も3四球など制球が少々安定せず。


抑えの江尻投手は死球を与える場面も有りましたが、無得点に抑え雁の巣勝利。















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG