無題










昨日はスポーツニュース巡りが楽しかった日曜日。

一夜明けて色々ニュース記事が出てますので、見てみよう。



昨年6月に国指定の難病・黄色靱帯(じんたい)骨化症の手術を受けたソフトバンク大隣憲司投手(29)が、422日ぶりの白星をつかんだ。復帰2戦目、初先発で7回を3安打1失点。この病気からの復帰勝利は史上初。   

ネット裏で大隣の勝利を見届けた優子夫人は感涙に浸った。試合直後は「夢なのか現実なのか分からなかった」とほほ笑んでいたが、ヒーローインタビューで実感。「うれしくて、心の整理ができなくて」と目を潤ませた。リハビリ中は「何言ってるの? 投げられるよ」など常に前向きな言葉を向けた。手術直後に病室で貧血で倒れたこともあった。睡眠時間を削ってでもサポートした夫人も心から復帰星を喜んだ。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140728-1341760.html

1年近いリハビリは手術の様子を収めたDVD観賞から始まった。ノミのような道具で背中を叩き割られる場面も目を背けなかった。難病を正面から受け止める ためだ。背中には縦15センチの手術痕が残る。左足に残ったしびれを克服するため、シャワーの温度を45度を超える上限まで設定。「熱い、熱い」と叫びながら、感覚を思い出させた。1月の沖縄自主トレまで同行し、全てをサポートしてくれたのは優子夫人。2人で歩んだ分、苦しみは半分になり、喜びは2倍に広がった。

 「何かの形でいろんなことをやれれば」。難病に苦しむ人へ手を差し伸べたい思いが強く、基金を設立することを検討している。「まだ1勝しただけ。先発として1年間仕事ができるようになってから」。完全復活という言葉はその時まで取っておく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000050-spnannex-base

苦しいリハビリ期間も元タレントの愛妻・祐子夫人のおかげで、明るさに包まれていた。大隣は「常に明るくプラスの言葉をかけてくれた」と感謝。優子夫人は 激励の言葉について「男っぽい性格なので“よし、頑張って来い!”とか、そんな感じですけどね」と照れ笑いを浮かべつつも「彼が活躍してくれることが、専業主婦としての唯一の楽しみですからね」と話した。

 地方球場を含めて登板した二、三軍戦すべてに足を運んだ優子夫人。暑い季節には、疲れ気味の夫を気使って消化にいい料理を作って食卓に並べるなど工夫もした。この日の朝は「楽しんでくるから」と話した大隣を「楽しんで見るね」と送り出したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000003-tospoweb-base

大隣夫人 声詰まらせ「この瞬間を待っていました」

「楽しんでくる」と家を出た大隣と気持ちを一緒にするため、「私も楽しんで見たい」と手作りしたうちわを持参。そこには「けんちゃん 大好き」、「おかえり」と書かれ、声援を送った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000053-spnannex-base

haw14072805030001-p2

「けんちゃん 大好き」













ワイも好きやで大隣さん。

haw14072805030001-p1




「2人で歩んだ分、苦しみは半分になり、喜びは2倍に広がった。

とか、いい言葉やんけ・・・。また泣いてまうわ・・・。

何処を見ても大隣夫人の献身的なサポートが目に付く大隣さんの復活勝利。




ホークスファンにとっても大隣さんの復活は希望の光ですが、

同じ難病を持つ人達にとっても勇気付けられる復帰でしょう。

「何かの形でいろんなことをやれれば」。難病に苦しむ人へ手を差し伸べたい思いが強く、基金を設立することを検討している。

ファンとしてもこういう活動には全力で協力していかないかんですね。




なおトレード移籍した新垣投手とのエピソードも。

2007年の入団時から親しくしてきた4学年上の新垣が、トレードでヤクルトへ。発表当日の20日は直接言葉を交わせず、メールで思いを伝えた。「1軍で元気な姿で、お会いできるのを楽しみにしています」


  返信はすぐにきた。「ありがとうな お前もまた新しい一歩を大きく踏み出せ」。胸が熱くなった。「(新垣)渚さんのいいときを僕は見ているから」。生え抜 きの2人は境遇こそ違うが、復活の途上で今季はともに3軍登板を経験。交わし合ったエールを実現したい。その思いがあった。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/104095


大隣が新垣と交わしたメッセージ。
無題

うーん、この新垣のチョイス。

この2人が1軍で投げ合う姿が見ることが出来れば、またそれも楽しみ。


なお大隣さんは28日に一度出場選手登録から外れる模様。

ですが、近いうちに先発機会はまた与えられるとのこと。

まさかの7回まで投げ抜いた大隣さんでした。

少しゆっくりしてもらって、次の好投にまた期待。











おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG