8










ブルージェイズの川崎宗則選手が現地時間27日、敵地でのヤンキース戦に「7番・三塁」でスタメン出場。3打数2安打、1打点の活躍で、チームの連勝に貢献した。

 2試合ぶりに先発復帰を果たした川崎。先頭で迎えた第1打席、遊撃へ放った打球は詰まってしまったものの、それが幸いし、内野安打をマーク。しかし、後続が併殺打に打ち取られ、得点には結びつかなかった。

 4回の第2打席は、二死一、二塁。4球目のスライダーをうまく運び、右安打。惜しくも二塁走者がホームで刺殺されてしまったが、6試合ぶりに複数安打を記録した。

 一死二塁の第3打席は、初球のカットボールを引っ掛けてしまい、投ゴロに倒れたが、8回の第4打席はまたしてもチャンスの場面。無死三塁から左犠飛を放ち、貴重な勝ち越し点。しっかりと役割を果たした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00005147-baseballk-base


第1打席、遊撃へ放った打球は詰まってしまったものの、内野安打

mu1
全力疾走、大事。







第2打席は、二死一、二塁。4球目のスライダーをうまく運び、右安打。
mu2

も、


5
6
7
惜しくも二塁走者がホームで刺殺。

しかし6試合ぶりに複数安打を記録!




第4打席では同点で無死三塁のチャンス。


1


何としても1点が欲しいところで

犠牲フライを打ちました。



2
3
4


チームメイトから手荒い祝福






また守備では3回無死一塁で、一塁後方ファウルライン際への打球を懸命に走って背面バスケットキャッチし、倒れながら一塁に送球する超ファインプレーでゲッツーを決めました。




mu7282

6
5
7
8

 川崎は「(守備の背走キャッチは)太陽がちょっと入ったんですけど、最後まであきらめずにいって、何がなんでも捕ろうということで。(犠飛は)とにかく必死こいてたから、ああなっただけですよ」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000017-nksports-base

うーん、カッコイイ。




ブルージェイズは鬼門ヤンキースタジアムで2連勝!

ヤンキースが本拠地でブルージェイズに2連敗したのは10年9月5日~11年4月29日以来。

ムネリンが歴史を変えたと言えるでしょう(適当)

無題

打率は.283に。前日は試合出場ならなかったムネリン。

出場した試合でしっかり結果を残せるのは素晴らしい。

色んな所守らないといけないんで、大変だと思いますが

メジャーで出場続けているのは本当に凄い。

頑張れムネリン。チェストー。









そして、もう一人のメジャーリーガー和田投手の3度目の登板が決まった模様です。

カブスの和田毅投手が現地時間28日(日本時間29日)、本拠地で行われるロッキーズ戦に先発登板する。今季3度目の先発機会だが、未勝利の和田にとっては是が非でも勝利がほしいところだ。

2度目の先発となった23日のパドレス戦では、4回3分の0を投げ5失点、5安打、4四球と制球が定まらず、今季1敗目を喫していた。米スポーツ専門局 ESPN(電子版)によると、和田は試合後「レッズ戦に比べて全体的にコントロールが悪かった。自分自身に残されたチャンスは多くないので、非常に悔しい」と振り返り、危機感を口にしている。

 “3度目の正直”へ向けて今回対戦するのは、ナ・リーグ西地区で最下位のロッキーズ。順位こそ奮わないものの、打率(.282)、本塁打(121)、打点(469)の打撃3部門でリーグトップを誇る超攻撃的なチームだ。だが一方で、アウェイの成績を見ると、1試合平均3.6得点にとどまり、16勝33敗 と大きく負け越しており、和田にとってポジティブなデータといえる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00005161-baseballk-base
無題


こちらもまた結果を残さなければいけない状況。

何か"ポジティブなデータ"有るらしいので次はイケるやろ!

!頑張れわっち。チェストー。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG