AS20131228000201_commL








ソフトバンクの長谷川は30日の楽天戦(山形)で08年フレッシュオールスター以来となる地元・山形への凱旋を果たす。しかし、ここにきて、思わぬ難題が噴出。

 地元・山形の後援会組織は農家が中心とあって、名産「だだちゃ豆」の収穫シーズンと重なったため、応援ツアーが見送られた。「繁忙期で…。有志50人く らいの応援になります」と佐藤喜代志事務局長。それでも長谷川は「山形ではプロ野球開催が少ないし、野球の面白みやホークスの強さを見せられたらいいで す」とやる気を見せていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000020-spnannex-base

今日からホークスは楽天イーグルスと東北3連戦。

山形で行われるのは30日の2戦目。

無題



そして、「だだちゃ豆」。

Dadacha-Mame
だだちゃ豆(だだちゃまめ)は、枝豆用として栽培されるダイズの系統群である。
山形県庄内地方の特産品。

だそうです。



収穫シーズンならしゃーない。







しかし、応援ツアーは無いものの後援会の有志50人くらいは応援に来る模様。


そして門外不出のアイテムまで登場。


今回の山形市での楽天戦には地元有志が50人ほど応援に駆けつける予定。「この時期はだだ茶豆の収穫時期でして…忙しくて応援ツアーを組むことができな かったんです」。

そこで横断幕だ。例年、12月27日に行われる長谷川の激励会時に使用されるもので、チームカラーの黄色を背景に黒文字で長谷川勇也と書かれている。これまで球場には持ち込まれたことのない“門外不出”の応援グッズ。「昨年末もこの旗を掲げた場で『今年は年俸も上がり高給取りになった。 200安打を目指して頑張る』と決意表明した。その気持ちを思い出し、奮い立ってくれるんじゃないか」。打席に入る時や守備につくタイミングで掲げる予定 だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000004-tospoweb-base

058b2b8d

多分この後ろにある横断幕ですね。

試合では横断幕に注目してみよう。



これまで後半戦は20打数2安打と不調の長谷川選手。

1

無題

現在打率は3割を切って.292。


「地元出身と知っているお客さんも多いと思う。その人達に元気な姿を見せたい」とプロ入り後山形での公式戦は初めて。試合後の個人練習は、1時間を超えることもある。不振脱出への思いは強い。藤井打撃コーチは「壮絶と言ってもいいぐらい練習をしている。1本いいヒットが出れば変わることも有る。何かきっかけがあればね」と復調を期待。そしてそのきっかけにしたいのがこの東北遠征。ちなみに山形の荘内銀行・日新製薬スタジアムでプレーするのは2008年のフ レッシュオールスター以来。その時は3安打で優秀選手賞に輝いた。

復調のキッカケとしては申し分ない舞台。

このまま首位をキープするためにも何とか奮起オナシャス。

柳田選手も前回オリックス戦3戦目の最後にヒットが出たので、

こちらも調子を取り戻して欲C。
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG