若鷹は名無し 2014年7月29日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014072901/










雁の巣打線を振り返るお時間です。

ナゴヤ球場で中日との3連戦。






打撃成績。
2

先制したのはやっぱり強い雁の巣打線。

2番に入った江川、牧原選手の連打でさっそうと先制。



1軍はやはりレベルが違うと思いますが、このバッティングを上でも見せて欲しい。


6回にも先頭釜元選手からヒットなどで繋いで牧原選手が2本目のタイムリー。



さらに李杜軒選手のタイムリーもあり3点。




さらに8回も李杜軒、高田選手と繋いでカニさんがタイムリー!


1軍リスペクトの繋ぐ野球かな?


この日もヒットを打った釜元選手。今季中の支配下登録が期待されてますが期限は7月31日。育成契約区切りの3年目の釜元選手。

しっかりアピール出来ているので支配下イケルと思いますが、どうなるか。




投手成績。
3

1軍昇格へ最終テストの武田投手が先発でしたが・・・




結果としては5回被安打7の6失点。自責は4。

3回までは快調に無失点投球を続けていましたが、4回に急変。

先頭の古本選手から3連打を浴びるなど制球難。「思い通りの制球ができず、イライラしてしまった」。バントの後に連続四球。恐れていた四球難も再発。

これまで2軍戦では6試合、無失点を敵なしでしたが21イニング目で初失点。

5回にも四球が絡んで1失点。ここで好投出来れば1軍昇格でしたが、残念ながら1軍昇格は見送りに。

次回登板は8月6日の阪神戦(ヤフオクドーム)で先発予定。

「いいところと悪いところがハッキリと分かった。打たれた理由を整理して、次に向かって行きたい」と話した。

2軍戦とはいえ、いつかは失点するものですが、

好投から一変して制球難に苦しんだ武田投手。

四球もこれまで少なかっただけに、四球が多いと聞くと不安になります。

とりあえず1軍で無くて良かったと、考えるべきか・・・。

まだまだ今季昇格のチャンスは有るので頑張って欲C。






























おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG