16








ブルージェイズは6日、トロントで同じア・リーグ東地区で首位を走るオリオールズと対戦し、5―1で勝って連敗を4でストップ。ゲーム差も4に縮めた。

 ブルージェイズの川崎は「8番・三塁」で先発出場し、4打数2安打1三振1得点。6回には先頭打者で中前打を放ち出塁し、バティスタのタイムリー二塁打でチーム5点目のホームを踏んだ。8回にもこの日2安打目となる左前打で、7月28日以来となる複数安打を放った。

 先発のハッチソンは8回2/3を投げ、本塁打1本を許しただけの1安打1失点投球で今季8勝目を挙げた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/07/kiji/K20140807008703750.html

やったぜムネリンマルチヒット!



まず初回、満塁のチャンスで第1打席。相手は元中日のチェン投手。
1

トロントのムネガールも応援
3




4

でしたが、この球を見逃し三振。残念。
5


2打席目はレフトフライ。
6
7

チェン投手からはヒットを打てず。

ムネリン曰く「チェンは(日本時代より)良くなっている。すごい投手になっていた。すべての面でパワーアップしている。」だそうです。



6回の先頭で迎えた第3打席。
8

センター前に持って行き出塁。
mu1


その後、送りバントで2塁。セカンド内野安打で3塁まで進み、

バティスタのタイムリーでホームに帰ってきました。
11


8回の第4打席
12

軽くレフト前ヒットで出塁。
mu2



ランナーに出たムネリンでしたがキャッチャーからの牽制で危うく刺されそうに。
mu3


際どい判定になり、1塁塁審が何かずっと映される。
13


相手監督が出てきて、ビデオ判定に。
14

リプレイが流れますが、どっちとも取れるような取れないような・・・












なおビデオ判定の結果はセーフ!

15


やるじゃん。
13




結局ブルージェイズは12安打5得点で快勝!

無題
ムネリンも久しぶりのマルチで打率を.284に上げました。

この調子でチームもムネリンも頑張れー。チェストー。








おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG