若鷹は名無し 2014年8月17日1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2014081701/

















2
3



ドラフト2位ルーキー森、プロ初黒星

無情な打球が、左翼の内川の頭上を越えた。同点の8回2死一、二塁。2イニング目のマウンドに上がった森が鉄平に投じた2球目、134キロのフォークが高 めに浮いた。左翼越えの勝ち越し2点二塁打となり、ドラフト2位ルーキーがプロ入り初黒星。今季チームが7戦全敗となった京セラDを無言で後にした。

 敗戦処理から信頼を積み重ねてきた右腕は、7月下旬に岡島が負傷で離脱すると、五十嵐とともにセットアッパーを任されるまでになった。だが、今季37試合目の登板は、首脳陣が延長も見据えた「イニングまたぎ」が裏目に出た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140817-00000059-sph-base

ソフトB武田先発 京セラとは好相性

3年目右腕のソフトバンク武田翔太投手(21)が、今日17日オリックス戦で2度目の先発マウンドに上がる。今季初登板となった6日西武戦は5回1安打無失点。目の覚めるような投球で、右肩痛からの復活勝利を飾った。「相手のことは気にしない。自分の思う通りにボールをコントロールできれば」。京セラドーム大阪は過去2年間で4戦3勝、防御率0・70と好相性だ。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140817-1352199.html

中村 ラッキー!?生還 3安打3得点

中村が今季10度目の猛打賞で3得点を挙げた。初回先頭で西から放った左前打が、昨季のシーズン自己記録を更新する今季132本目の安打。犠打で二進後、 内川の右前打で本塁はクロスプレーながら、捕手伊藤のタッチをかわして先制の生還だ。「まだまだ打ち続けます」と意気込む1番打者はその後も7回先頭での 右前打で西を降板に追い込み、9回も先頭で平野佳から中前打。3安打とも得点に結びつけたがチームは連敗し、言葉少なに球場を後にした。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/108315



放送予定

12:56~試合終了 FOXムービー プレミアム

12:55~試合終了 KBCラジオ

13:00~試合終了 RKBラジオ      


パ・リーグTV





本日もよろしくお願いします!

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG