13










カブスの和田毅投手が現地時間19日、本拠地でのジャイアンツ戦に先発登板。この日も立ち上がりから落ち着いた投球を披露し5回を無失点。和田は5回を投げ切ったあとに、雨天による約4時間半の中断を強いられたが、5回表終了時点でカブスがリードしていたため試合成立。思わぬ形で、メジャー3勝目(1敗) を手にした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00007126-baseballk-base

和田投手メジャー3勝目!!

7


雨天による約4時間半の中断などイレギュラーではありますが、

勝利は勝利。素晴らC。






TSUYOSHI WADA 2勝1敗 試合前防御率3.15
1


初回、2番ペンスに左中間を深々と破られるニ塁打を打たれる
2
3
4


3番ポージーをファーストフライ、続くサンドバルもインコースに食い込むストレートでセカンドフライに打ち取り、先制点は与えず。
wa1



2点の援護を受けた和田は、2回先頭打者を空振り三振。

センターフライと2アウトまで行くも。
wa2

二死から一、三塁のピンチを招く。

5
6
7


しかし、9番ボーグルソンを空振り三振。
wa3


その後、ランナーを出しながらも3回
8
9

4回と無失点に抑える。
wa4

5回にも二塁打を打たれるも
10
11

何とか5回を無失点で投げ切りました!





5回を投げ切ったところで試合は一時中断。



1

カブス園芸がシートを広げたり、
2

外したり頑張りましたが、
3

グラウンドはもうビッシャビシャ。
4

結局協議の結果試合続行不可となり

5


6
7

和田投手は中断前までに5回を完了していたため勝ち投手に。

この日は79球を投げ、6被安打、3奪三振の内容で無失点。

さらに無四球のおまけ付きで、防御率を2.75に。



ランナーを背負いながらのピッチングでしたが、無四球5回完投勝利。

メジャーでも十分通用しています。

怪我を乗り越えてメジャー3勝目。やったぜ。

次も頑張れわっち。














おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG