21










カブスの和田毅投手が現地時間30日、カージナルスとのダブルヘッダー第2試合に先発登板。5回二死から痛恨の3ランを浴び6回4失点(自責点3)。今季 2敗目(4勝)を喫した。また藤川球児投手も、3点ビハインドの8回から3番手として登板。先頭打者にホームランを打たれるなど0/3回を投げ3失点。1 死も奪うことができずマウンドを降りた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00008143-baseballk-base


和田投手メジャー5勝目ならず・・・。





TSUYOSHI WADA 試合前成績 4勝1敗 防御率2.56

1
初回に1点の援護をもらいマウンドに上がった和田投手。



その裏、2つの四球で一死一、二塁のピンチを背負う。
2
3




4番アダムスを注文通りのセカンドゴロに・・・4

仕留めるも、併殺を狙ったショートの一塁送球が逸れる。

wa1

その間に二塁ランナーが生還。ノーヒットで同点に追いつかれた。
5


その後は無失点で1回を終える。
6
7
8





2回以降は立ち直ります。

wa2

今度は守備もバックアップ。
wa3
wa4


3回も無失点。
9
10

4回も無失点に。

wa5
11
12

14
4回まで3イニング連続無失点。



同点のまま迎えた5回。
二死一、二塁のピンチを背負うと15
16
17
3番ホリデーにカウントを 取りに行ったストレートを狙われ勝ち越し3ラン。

二死から痛恨の一発を浴び、一気に3点ビハインドを背負った。
20


6回は再び無失点に抑えましたが、
wa6
wa7

和田は7回に代打を送られ交代。

この試合は6回87球を投げ、5被安打、3奪三振、3四球の内容。

防御率は2.79に。


和田痛恨被弾「取り返しのつかない結果」

和田は「(ホリデーの3ラン)本当に試合を決めてしまう1発だった。悔しいというか、取り返しのつかない結果になってしまった」と声を落とした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000028-nksports-base


もうメジャーでの登板も9試合目。

ローテに入り試合をしっかり作ることは出来ています。

が、前回も唯一の失点が一発だったりと、そこが課題ですかね。

それと無援護気味なのが少々気になります・・・。

頼むよー。



和田毅が2敗目もカブス監督の信頼は揺るがず 「彼がゲームを作ってくれた」

初回に四球とエラー絡みで失点した和田だが、その後は好投。5回に相手主砲のホリデイに痛恨の3ランを許したが、6回まで投げ、QSを達成した。今季メジャーデビューを果たした33歳のオールドルーキーは4勝2敗と力投を続けている。

「ワダはがんばっていた。ホリデイへの1球はスタジアムの外に運ばれてしまったが、そこで踏みとどまり、もう1イニング投げてくれた。よく粘ってくれた。彼がゲームを作ってくれたと思っている」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00010004-fullcount-base

頑張れわっち。



















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG