無題











ブルージェイズの川崎宗則選手が現地時間8月31日、本拠地でのヤンキース戦に「9番・二塁」でスタメン出場。同点の7回に決勝タイムリーを放ち、チームを勝利に導いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00008211-baseballk-base

やったぜムネリン!大活躍!

やっぱイチさんの前だとイケるんですかねえ。


今日も第1打席から見ていこう。



無死一塁で迎えた3回の1打席目。
1


ランナーを進めたい場面でしたが、痛烈なファーストライナー。
1

惜しかったですが、ここは相手の守備を褒めましょう。
2



6回の2打席目。無死走者なし。
2

ひっかけてファーストゴロ。3
4


3-3の同点出迎えた7回、二死一塁の場面でこの試合3回目の打席。
6

代走の一塁ランナー・トールソンが二盗
7

見事セーフ。ランナーが得点圏に行ったことでチャンスに。
8


そしてカウント 2-1から、
勝ち越しタイムリー!!
3
ヤンキース2番手・ベタンセスのストレートに力負けせずライト前に運びました。


送球間にニ塁へ達したムネリンは、雄叫びと同時に渾身のガッツポーズを作り、喜びを爆発させた。

イヤァオ!!

k-bb-0901-0001-ns-big


打ったムネリンももちろん素晴らしいですが、

走ったトールソン選手もナイスランでした。


セーフのコールをする審判、悔しがるキャッチャー、ガッツポーズするランナー。

全てが美しくまとまった一枚です。



9
カッコいいぜムネリン!!



途中までビハインドも、最後はムネリンの決勝タイムリーで試合をひっくり返したブルージェイズ。

無題
ムネリンの打率は.275に。




同点の7回2死二塁で、剛腕ベタンセスの156キロストレートをとらえた打球が一、二塁間を抜いた。三塁走者がホームインする間に二塁まで進塁し、ベースに立つ川崎に、4万5000人を超える大観衆から歓声とスタンディングオベーションが起こった。


 川崎は「緊張して、もう何も覚えてないです。どの球を打ったか。アイ・ドント・リメンバー」と日本語と英語を交えて話した。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140901-1359768.html


「いい流れをみんながつくってくれた。僕が打って勝ったので気分がいいし、機嫌もいい」とチーム一丸の勝利を喜んだ。

 ヤンキースとの3連戦に勝ち越し、プレーオフ進出を争う勝負の9月へ。「残り1カ月とかは気にしていない。ジャスト・プレー、ハブ・ファン、エンジョイ・ザ・ゲーム」と英語を交えて意気込みを示した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00000030-jij-spo

ムネリンの成績とチームの勝敗が重ならない問題がありましたが、

ムネリンの一打でチームが勝利!これ以上嬉しい事はない!


無題
これはチームを引っ張るメジャーリーガーですわ。







おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG