若鷹は名無し 2014年9月2日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014090201/














雁の巣打線を振り返るお時間です。


阪神タイガースとの3連戦。

この試合はヤフオクドームでも親子ゲーム。





打撃成績。
2

計7安打2得点の雁の巣打線。

この日打点を上げたのは今季1軍初昇格しプロ初打点も挙げた塚田選手。

1点を追う3回1死二塁で同点となる右中間への三塁打!


43b97ef2

塚田選手は8月14日に2軍降格後不調に陥っていました。

「2軍落ちした直後は、正直『またここからか』という脱力感があった。今は前向きにやれている」と再昇格へアピールを続ける。

モチベーションの持続っていうのも難しいですね。結果さえ出していれば再び1軍昇格も絶対に有るので頑張って欲しい。

牧原選手は安定のマルチで打率は.379。

ここ最近自慢の強力打線が身を潜めています。

李杜軒選手などは最近不調。結果さえ出ればまた1軍もあると思うんですがね・・・。

なお左肩負傷により西戸崎でリハビリを行っていた松中さんが2軍に合流。

「肩は大丈夫。」でも、まだ練習を始めたばかりだから」と実戦復帰には慎重な姿勢。

1歳上で現役引退を表明した稲葉選手については「寂しいです。かなり脚が悪い中、頑張っててみたいですね」とねぎらいの言葉を贈った。


投手成績。
3

先発は嘉弥真投手。

3回を2安打1失点6奪三振と好投。

抑えるべきターゲットは左打者。阪神の緒方、横田選手ら左打者に対して、内角にシュートを投げ込み、2三振と内野ゴロに仕留めた。

「左打者は少なかったけど、しっかり内角に投げ切れたし抑えられた」。

許した安打は右打者2人の二塁打だけだった。

8月13日の楽天戦で2失点と調子を落としてからは、秋山監督に「左打者を抑える方法を考えてこい」と宿題を出された。嘉弥真はもともと投げていた内角シュートの精度を上げることを選択。キャッチボールから集中的に取り組んだ。他の球種の精度も上げ、この日は6奪三振。

視察した郭投手コーチは「上々だよ」と好評価。嘉弥真本人も「点は取られたけど、やりたいことは出来た」と胸を張った。



2番手は初のヤフオクドームのマウンドとなった笠原投手。


4回から2番手として登板。6
回3安打2失点。

2本の長打に2四球が絡み2点を失うなどしましたが、6回以外は無失点。

本拠地のマウンドは中学3年に硬式の福岡ニュースターズで1イニング投げて以来5年ぶりだった。「投げやすかった。近く感じました。ここにずっといたいと思いました」。

 8月29日からの楽天3連戦では、登録は見送られたが、1軍の仙台遠征に同行し優勝争いの雰囲気を味わってきた。「1軍はそんな遠くない」。仙台に続きこの日の本拠地登板で、その思いはより強くなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000059-nksports-base
無題



なおチームは3連敗とマジック点灯前に足踏み。

二軍にも秋が・・・!?










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG