f-bb-2014-0906-0002-ns-big










カブスの和田毅投手が現地時間5日、本拠地でのパイレーツ戦に先発登板したが、4回途中に左ふくらはぎの痙攣(けいれん)をおこし緊急降板。3失点(自責点2)の内容も勝敗は付かず、試合は降雨のためサスペンデッドゲームとなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00008653-baseballk-base


和田投手、まさかの途中降板。





TSUYOSHI WADA 試合前成績 4勝2敗 防御率2.79
1


初回、先頭打者に二塁打を浴びてしまう。
2

リグレー・フィールド特有のツタフェンスの中にボールが入る二塁打。
223


二死二塁のピンチで4番マーティン。サードゴロ・・・
4

1
でしたが、三塁手の悪送球で先制点を失います。


その後は三振で切り抜けます。
2
6



2回は無失点に抑えて、3回。

先頭を三振で抑えますが、
3

死球
7

アンド死球。
8



何か申し訳ない。
9



で二死満塁のピンチ。

でしたが、
5番マルテをピッチャーゴロに打ち取り追加点を与えませんでした。
4



打線が2-1と逆転した4回。
一死から四球。11

二塁打で同点に・・・。
12
13
14
15



次打者への2球目を投じたあと、左ふくらはぎの異常を訴えます。
16

スタッフがいかつくてこわい。
17
18
19
20



和田投手は二塁にランナーを置いたまま降板。
21

その後、急遽マウンドに上がった2番手・ビヤヌエバも失点し、和田投手に3失点目が。





和田投手は3回1/3、72球を投げ、3被安打、2奪三振、3四死球の内容で3失点(自責点2)。

無題


5回に打線が同点に追いついたため黒星は消滅し、防御率は2.95。

試合はその後、2度目の中断を経て、7回途中3-3の状況で降雨サスペンデッドゲームとなりました。
6日(日本時間7日)に続きが行われます。



和田は「(左ふくらはぎのけいれんで降板したが)大丈夫です。(3回の)連続死球の時からつりそうになっていた。日本でもあったこと。まだ投げられたけど、無理をさせないチームの方針だった」と話した。
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140906-1362514.html

連続死球とはなかなか珍しいとは思いましたが、左足の痙攣が原因のようです。

次回登板などに影響は無さそうですが、アピールできませんでした。

試合はまだ終わっていませんが、打線に頑張ってもらって何とかチームが勝って欲しい。


















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG