若鷹は名無し 2014年9月9日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014090901/














雁の巣打線を振り返るお時間です。


敵地で広島カープとの2連戦。天王山。






打撃成績。
2

広島今村投手の前に完封を許してしまった雁の巣打線。

ヒットを打ったのは好調の江川選手、猪本さん、高田選手、真砂選手の4人。


計4安打でしたが二塁打2本に四球もありました。

しかし、その少ないチャンスに点を取ることが出来ず。


5回まで無安打ピッチングを続けられていましたが、それを止めたの二塁打を打った真砂選手。

「何とか1本という気持ちは強かった。手応えは良かったのですが、外野の頭を超えるとは。思った以上に伸びてくれた」。」


投手成績。
3

先発は笠原投手。

5回5失点(自責1)で負け投手に。7安打3四球。

「いい感じで投げられたのですが・・・。2ストライクから決めきれなかったことと無駄な四球に悔いが残ります」。

5回に先頭の今村投手を歩かせた後、守備の乱れや長打などで4点を追加された。

「中でも今村さんへの四球が大きい。チーム全体に悪い流れを呼んでしまった」と反省。

なお笠原投手は今後も先発で起用される予定。

山内コーチは「調子は悪くなかった。ただ初回も5回も防げる失点だった」と注文。

「次の登板では今回の反省を生かしたい」。


相手はエルドレッド選手などもいる打線。

レベルの高い相手では有りますが、笠原投手には例え2軍でも実戦経験を沢山積んで欲C。

1軍で投げる日を楽しみに待ってます。
無題


二保投手は2回1失点。

日高投手は三者連続三振でした。




















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG