若鷹は名無し 2014年9月14日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2014091401/














雁の巣打線を振り返るお時間です。

オリックスとの2連戦。2戦目。




打撃成績。
2

12安打3得点と、ヒット数は相手を上回りますが繋がらなかった雁の巣打線。

1番の真砂選手は二塁打含むマルチの活躍。

打率こそ.243とまだまだですが長打があるのが良い。

李杜軒選手はソロホームラン。


高田選手は猛打賞の活躍。

4番に入った松中さんは貫禄の2四球も1併殺。

打線が上手く繋がったのは4回のみで、終盤に繋げることが出来ず。

カニさんは代打で出場も無安打。

江川選手はまだ出場していないようで、怪我の具合が気になります。




投手成績。
3

先発は東浜投手!

a

7回3安打2失点の好投。2四球。

2回先頭の竹原選手にソロ本塁打を浴び、先制を許すもその後はテンポよく投げた。

6回2死一塁から丸毛選手にタイムリー二塁打を浴びたことに「勝負を急いでしまった。もったいない」と反省。

なお6個の三振を奪い、今季通算104奪三振でリーグトップタイに並びました!

2軍ではしっかり結果を残している東浜投手。

今季1軍登板があるか、まだ不明ですがこの調子なら期待したい。

一皮でも何皮でも向けて、1軍で活躍してくりー。



なお2番手嘉弥真投手が打たれ、東浜投手の勝ちは消えてしまいました。

課題の左打者こそ抑えましたが、四球とヒットで塁を貯めてしまい

この日、東浜投手からホームランを打った竹原選手にタイムリーを許しました。


3番手巽投手は3人を4球で抑え無失点。



結局、4対3で敗けてしまった雁の巣ホークス。

2位広島カープが勝ったため、ゲーム差は1に!

独走でマジック点灯間近でしたが、2位転落の危機が!!


1軍も優勝争い中。

雁の巣ホークスに先に優勝を決めてもらい、

勢い付けて欲しかったところですが・・・

頑張れ雁の巣ホークス!!




















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG