若鷹は名無し 2014年9月16日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2014091601/



















2
無題




これが優勝の重圧なのか。リーグトップのチーム打率2割8分2厘を誇る自慢の強力打線が金縛り状態だ。7試合連続の3得点以下で、2勝5敗と足踏みが続く。「いいピッチングをされているのか、雑になっているのか」と秋山監督も貧打を嘆くしかなかった。

だが、オリックスも負けたためゲーム差は3・5で変わらず。今日16日からの直接対決で連勝、もしくは1勝1分けで17日にマジックが点灯する。「目の前の敵だよな。(順位が)一番近いでしょ」と指揮官。直接対決を制しVへのスパートを加速させる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000285-sph-base

2番手のルーキー森が気迫の投球でチームを鼓舞した。吉村の適時打で2点差に追い上げた直後の8回に登板。1安打こそ許したが、最速148キロの直球に カットボールを組み合わせ、無失点。いつもは勝ちパターンで投入されるが、ビハインド場面での登板は、8月27日の日本ハム戦以来。疲労がたまっているはずの今季51試合目の登板にも「どこで投げようと、自分がやるべきことは一緒です」とタフネスぶりを示した。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/114316

明石がタイムリーエラーを悔やんだ。3点差に広げられた直後の2死満塁の場面。代打高浜が放った一、二塁間へのゴロを正面でさばこうとして、まさかのファ ンブル(記録は失策)。三走の生還を許し、その後金無英が打たれて大勢が決まった。痛恨のシーンを「完璧にエラーだった。あれは仕留めないと」と反省。 バットでは5回1死の第2打席で6日の西武戦以来、7試合24打席ぶりの快音となる中前打を放った。「打席の感覚は悪くない」と、直接対決に向けて切り替えていた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/114315

大隣、大一番で完全復活だ

「チームが勝つ投球をするだけ。集中力を切らさずにしっかりと相手を迎えに行く」。オリックスと運命の3連戦。その初戦マウンドは、左腕にとって「完全復活」を示す場でもある。投げ合う相手は、中11日の万全のコンディションでマウンドに上がる西。大隣にとって京セラドームでの登板は2012年10月以来、2年ぶり。「相手も投手も関係ない。とにかく全力で勝ちに行く」。


放送予定

18:57~20:59 TVQ

17:56~試合終了 FOXムービー プレミアム

17:55~試合終了 KBCラジオ

18:00~試合終了 RKBラジオ              


パ・リーグTV




本日もよろしくお願いします!

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。











おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG