k-bb-0922-0006-ns-big










ヤンキース田中将大投手の75日ぶり復帰で沸いたニューヨークのヤンキー・スタジアム。日本人の注目も田中の復帰に集まっていたが、「後輩だけに注目が集まってたまるか」とばかりに輝いたのがイチロー選手とブルージェイズの川崎宗則選手だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00010244-baseballk-base

ムネリン、田中将大投手との対戦。




2回に田中投手との対戦を迎えたムネリン。
1


カウントを取りに来た初球のストレートを強振。


右翼線二塁打を放ちました!
1

ボールはイチローさんの守るライトへ。
3
2

先輩の意地を見せたムネリン。
4

マー君が投げて、ムネリンが打って、イチローが捕る。何か楽C。
5

なお、この二塁打がこの日チーム唯一の長打となりました。

後続が倒れ、ムネリンはホームに帰還ならず。
8






1打席の勢いのままマー君倒しと行きたいところでしたが、2打席目は見逃し三振。
3

後輩にきっちりお返しされてしまいました。


田中投手との対戦は二塁打、三振で終えました。



その後の3打席目は二ゴロ。
10
11
12




4打席目は一ゴロに。
13
14
15


この日は4打数1安打の成績。打率を.265としました。

15




マー君から二塁打を放ったムネリンですが、チームは敗北。

チームは立ち上がりの田中を連打するなどで1点を先制したが、2回以降は抑えられ敗戦した。

 本塁打王に2度輝いた主砲バティスタは「田中は以前と変わらなかった」と話した。

 川崎は「今日は、何もないです」と話した。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140922-1370751.html


ムネリンも言葉少なでした。
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG