無題










ブルージェイズの川崎宗則選手が現地時間23日、本拠地でのマリナーズ戦に「5番・三塁」で先発出場。自身は無安打に終わるも、チームは2試合連続で2桁得点を挙げ大勝した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00010447-baseballk-base

ムネリン、ついにクリーンナップを打つ。


今季初めて「5番」で先発出場したムネリン。

先制した直後の1回二死一塁の場面で迎えた第1打席。
1

マリナーズ先発・ヘルナンデスが投じたチェンジアップを空振り三振。
1

4回二死の第2打席。
3

当たりは良かったもののセンターフライ。
3

5回一死満塁のチャンス出迎えた第3打席。
4


二ゴロに倒れたが、三塁走者が生還し打点をマーク。4
5

その後、1塁に残ったムネリン。
6

次の打者から四球、死球と3塁まで進み、トーリのレフト前ヒットでホームに生還。
7
8
9



その後も6回一死の第4打席。
10

初球から内角攻め。
11


そして2球目は死球。これには後ろのジェイズネキも激おこ。



何やねんその顔は(憤怒)

12



8回二死の第5打席は二ゴロ。
6


なおこの日ブルージェイズ先発はムネリンと仲良しのディッキー。
2

サード守備は問題なし。
2


ブルージェイズは1点を追う5回、リーグ防御率1位のヘルナンデスから4番リンドの適時打などで一挙7得点を奪い逆転。その後も手の緩めなかった打線は6回にも2点を挙げた。


この日のムネリンは4打数0安打、1打点で打率.261としました。


12


ムネ、PO進出逃すも元気いっぱい

ブルージェイズ川崎宗則内野手はメジャーで初めて打順5番で先発。無安打に終わったが、チームは連日の2桁得点で大勝した。5回に6安打7点の猛攻を見せ、川崎も二ゴロで打点を挙げた。相手のエース、ヘルナンデスを攻略し、川崎は「皆が集中していたんだと思う」と説明した。   

ロイヤルズが勝利したことで、ブルージェイズはプレーオフ進出を逃した。それでも川崎は「明日も明後日も試合がある。僕は明日の試合を楽しみにしているので、わくわくして今日はぐっすり寝たい」と元気いっぱいだった。
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140924-1372023.html

メジャーで初めて5番で先発したブルージェイズ川崎宗則内野手のコメント。  

「別に打順に興味はない。何番でも一緒。(ヘルナンデスから8得点し)いつもの彼だった。いいピッチングをしていた。皆が集中していたんだと思う。いい集中力だった」
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140924-1372019.html






そして、和田投手が緊急で先発することが決まりました!

カブスの和田毅投手が、現地時間27日(日本時間28日)のブリュワーズ戦に先発することになった。

 当初は若手起用のチーム方針もあり、5回1失点と好投した18日のドジャース戦が今季最終登板になる見込みだった。しかしその後、故障者リストから復帰したばかりの投手の不調により、チームは先発ローテーションを再編し、和田に白羽の矢が立った。

 和田も自身のブログで「マイナーも含めて31試合登板、178イニング。ケガなく中4日、中5日の登板間隔のローテーションを守って投げきれたことは、 本当に自信になりましたし、自分を支えてくれた全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました!」と、今季を総括するとともに、ファンに対し感謝の言葉を綴っていた。

 和田は7月8日のレッズ戦でメジャーデビューし、今季12試合に先発登板。ここまで4勝3敗、防御率3.22の成績を残している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00010506-baseballk-base
無題

これはチャンスです。前回好投も勝ちは付かず。

既に高評価をしてもらっていますが、来季のためにももうひとアピールやね。

頑張れー。































おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG