mlb-hirose-140927-munerin-ns-big










ブルージェイズの川崎宗則選手が現地時間26日、本拠地でのオリオールズ戦に「7番・三塁」で先発出場。川崎は2本の適時内野安打を放ち、勝利に貢献した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00010799-baseballk-base

ムネリン、久々のマルチの活躍!




1点を追う2回一死三塁で迎えた第1打席。
1


一塁方向へのスクイズが適時内野安打となり1打点目をマーク!1
守備は誰もボールを捕れず。


2

その後1塁ランナーのムネリンは
3

次のゴーズのセンター前ヒットで2塁に
4
5

さらにゴインズの内野安打で3塁まで行きます。
6
7

が、後続が続けて倒れホームに生還はならず。





3回二死二塁の第2打席。
9


これも内野安打となりタイムリーに!


さらに守備がもたつく間にムネリンは2塁に。
10

ちょっと守備酷すぎんよー。



これで8月26日のレッドソックス戦以来の複数安打を記録しました。


5回二死三塁の第3打席。
11


ここでも打って猛打賞3打点と行きたいところでしたが、
12
13

遊ゴロに倒れ、8回の第4打席が回ってきたところで代打を送られました。



この日は3打数2安打で打率.261としました。
13

ブルージェイズは打線が12安打で4点しか奪えなかったものの、投手陣が奮投。先発したハッチソンが5回を2失点に抑えると、6回からは11勝を挙げているストロマンが4回を無失点に抑え逃げ切った。

ムネリンは見事チームの勝利に貢献!


ブルージェイズ川崎宗則内野手は「7番三塁」で先発出場。3打数2安打2打点だった。内容は二塁バント安打(打点1)、二塁内野安打(打点1)、遊ゴロで打率は2割6分1厘。8回に代打を送られた。   

チームは4-2で勝った。   

川崎は「(2回の二塁バント安打で打点も挙げ)守備位置を見てチャンスがあると思って決めた。打球の強さも良かった。思い描いた通りだった」と話した。
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140927-1373624.html

ムネリン、今日も納得の自賛。



相変わらず現地でも人気者。







そして、和田投手の最終登板も間近です。

和田、最終戦へ気負いなし 初めての敵地に「すごいですね」

カブスの和田は今季最終登板となる27日(日本時間28日)のブルワーズ戦へ気負った様子はなかった。初めて訪れた敵地で軽めに調整し「(開閉式)ドームなのに天然芝っていうのがすごいですね」と話した。

 カブスのエプスタイン編成本部長は、球団が持つ和田との来季契約選択権について「オフの選手市場やチームの年俸総額などを含めて考えること」と慎重ながらも「既に彼には『来季も残ってほしい選手の一人だ』と伝えてある」と話した。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/27/kiji/K20140927009003770.html











おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG