1 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)09:58:18 ID:lPwj979yH

その投手が普通の平均的なプロ野球選手くらいの身体だとどうなるんや?
不可能だぞとかいう話は無しで
投げた投手、ボール、観客、審判、捕手、打者とかどうなるか気になるンゴ



o04000267gf1310060408w-400x267











http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1411433898/より

2 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)09:59:43 ID:nGGj3ZQkr
観客は結構ビックリすると思う



3 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:01:10 ID:lPwj979yH
ワイは投げた瞬間肉片が散らばるマウンドを想像して涙不可避



4 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:01:50 ID:ZhAcuZX9x
最初はびっくりするけど、すぐにそれが当たり前になるから普通に打ち込まれるぞ



8 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:10:17 ID:lPwj979yH
>>4
やっぱプロって凄いわ




5 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:03:10 ID:WCIQLPKIc
鳥谷(ピピッ)



6 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:03:15 ID:OpPgdj5EL
キャッチの瞬間、質量の多くがエネルギーに変換されて核爆発



7 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:08:21 ID:u48cEpXAR
内野陣くらいまではキャッチャーが捕球した瞬間消し飛びそう
外野陣とベンチ、観客の中にも死人でそう




9 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:11:54 ID:l9iBp1Z62
光速に達した時点で球の質量は無限大に増えるんやで
それを撃ち出す投手も同様や
2つのブラックホールが出来て世界は消えるんや




11 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:13:37 ID:J6qsn1uAd
>>9
地球消滅は不可避やろなあ。太陽系もヤバいんとちゃうか




10 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:12:49 ID:zZ39fQZJ1
サンダーバキュームボールで
あれだけの破壊力あんだから
大変なこと起きそう




12 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:43:55 ID:tETWwmsNN
ボールが七色に輝くやん



13 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)10:46:29 ID:Ow0ciVVXY
桑田に猛烈に批判される



14 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)11:17:13 ID:wKUUBH3OG
>>13
「140キロのアウトロー投げれるなら1080000000キロのストレートはいらない」




19 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:34:04 ID:HY7KDaFFe
>>13
その桑田解説員も無事消滅




15 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)11:22:50 ID:f8imJHLHe
緩急はつけるんですかね



20 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:45:07 ID:wg4d4fkvV
リアルな話すると多分球場が消し飛ぶ 
光速で硬球ほどの質量(約142~149グラム)
の物体が動いたら想像を絶する衝撃波が発生する
ましてそれが地表と激突したら地球がヤバイ
光速のボールで地球がヤバイ
さらにリアルな話をすると
今現在の理論では物体は光速に近づくにつれ質量は増加するので
投げられたボールが光速になった瞬間に質量=∞(無限大)となる為
重力崩壊を起こし想像を絶するブラックホールが発生する
それが一瞬で太陽系飲み込み、5秒以内に銀河を飲み込むので宇宙がヤバイ
光速のボールで宇宙がヤバイ
またボール側をリアルに説明すると
光の速さでボールを投げると、ボールはスターボウを見る
ボールの後方は漆黒の闇が、そしてボールの進行方向には
全ての周囲の風景が一点にあつまるように見える
そして、ドップラー効果で七色に輝いて見える
光速のボール素敵




21 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:46:44 ID:7yajXVYOI
どこまでがホンマかわからんわw



22 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:53:38 ID:IgmtH4DfF
原理的には可能かも試練がまず投手は、宇宙空間にいることが必須条件かな
ボールは加速用のロケットブースターを装着して、幾つかの恒星を利用したスイングバイを繰り返した上で加速させ続けて、亜光速まで加速させておく
その上で、キャッチャーミットをシュバルツシルト半径ギリギリに設置して、数十天文単位くらいから最終加速をかければ、キャッチャーミット周辺で光速の達するだろうけどさ
ただ光速に達した段階で物質が縮退して、マイクロブラックホールになるけどおそらくその程度の質量のブラックホールだと、蒸発するスピードのほうが多いから、光速に達した瞬間、消滅すると思う




23 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:55:42 ID:MeDDd5jZw
ブストス「キャー!すごい速さでボールがー!」グワラキーン



25 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:57:00 ID:f5PbGZPkY
やっぱりおんjの自信ニキ達はすてきやわ



24 :名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)12:56:44 ID:pIwSg4aj3
問題はキレよ














おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG