hawks11









ソフトバンクは11日、ヤフオクドームで“出血大サービス”の紅白戦を実施した。主力選手が出場した非公開試合を、球団はインターネットの動画共有サービス「ユーストリーム」で生中継した。IT企業らしい球団のファンサービスながら、勇み足。秋山幸二監督(52)には事前連絡がなく「え? 知らない。そうなの?」と首をかしげた。   

セ・リーグ優勝の巨人が9日の全体練習の一部を非公開としたように、大事なCSを前に相手に手の内をさらけ出すことはしたくないはず。スタメン野手が勢ぞろいし、CSで先発が確実な摂津、大隣、武田、中田も調整登板していた。鉄のカーテンならぬシースルーカーテンの情報公開にある選手は「(ネットで)流すこと自体あり得ないでしょう。相手がイメージしやすくなる。誰がやってるんですか?」と憤った。   
生中継は、延べ9000人以上が視聴。小川ヘッドコーチは「隠すことはない。サインプレーをするならまだしも…」と懐の広さを示した。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141012-1380732.html


昨日行われた紅白戦がホークス公式Ustreamで配信されましたが、

チームはそれを知らなかった模様。



ちな原因。



上記の小川ヘッドコーチや、内川選手は「全く同じ球種、配球でやるわけないから」と軽く受け流しましたが

某主力選手は「流すこと自体あり得ないでしょう」と憤慨。


サインや配球などCSファイナルSでぶつかるライバル球団に偵察された可能性もあり、捕手の細川は「あり得ない。(見られていたならば)イメージがつきやすくなる」と指摘。通常、一度放送された中継映像は何度でも見られる仕組みになっているが、球団側はチームへの配慮から「再放送」の映像のアップを自粛した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000007-spnannex-base
無題

こっちに思いっきり名前出てますが大丈夫ですかね・・・。




何だか凄く大事のように書かれてますが、

本当にヤバイことなら誰かがすぐ気付いて即辞めさせそうな気もします。





グラウンドからは王貞治ベースボールミュージアムから紅白戦を見学している人も見えていたようなので、

真に非公開というわけでもなかったようですしおすし。






つまりこれは意図的に公開して「やばいよ」オーラを出している(名推理)



細川選手はパ・リーグスクラッチの時のような名演技。


敵を欺く高度な心理戦はもう始まってるんですなあ・・・。









なお本日の紅白戦中継は無し。



これも台本通りなのである。
























おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG