hawks11









ソフトバンクが楽天・佐藤義則投手コーチ(60)と鈴木康友内野守備走塁コーチ(55)の招聘(しょうへい)に動いていることが分かった。佐藤コーチは米大リーグで活躍するダルビッシュ有投手(レンジャーズ=28)、田中将大投手(ヤンキース=25)らを超一流投手に育て上げるなど選手育成に定評がある。 今季、星野監督の退任に伴って楽天を退団する見込みで、入団に支障はない。正式に楽天を退団後、入閣を要請するとみられる。

 3年ぶりの日本一を目指すソフトバンクが、同時に常勝軍団構築へ向けて動きだした。佐藤コーチは阪急、オリックスでプレーし、最多勝に最優秀防御率のタイトルを獲得するなどの実績がある。現役引退後はオリックス、阪神、日本ハム、楽天で投手コーチを歴任。コーチとして日本ハム、楽天と2度の日本一を支えたとともに、日本ハムではダルビッシュ、楽天では田中と球界を代表する投手へ成長させた。その手腕を高く評価され、白羽の矢が立った格好だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000022-dal-base
無題


これは朗報。


佐藤コーチが楽天退団のニュースを聞いた時に、

どこか他が確実に声を掛けるだろうし、ホークス入閣ならんかな?

などと思っておりましたが、ホークスが招聘とのことです。



佐藤コーチはオリックス、阪神。日本ハム、楽天と投手コーチを歴任。

井川慶、ダルビッシュ、田中将大投手らを育てました。

またこんなエピソードも


『佐藤が楽天への入団が決まった直後には、日本ハム時代の教え子であるダルビッシュが、当時楽天に在籍していた田中将大に対して電話で「ヨシさん(佐藤)の言うことは間違いない」というアドバイスを送った』。


しかし佐藤コーチは独自の理論を曲げない性格ということも。

阪神時代
「俺が投手コーチなんやから、口ださないといてください!」→クビ

 

ハム時代
「俺には俺のやり方がある。それで一年考えてやってる。監督も分かってると思うから好きにさせてもらう。」→クビ→「今頃クビって、この後どうするんじゃ!」


ホークスの新監督等との連携が、上手く取れるかどうかがポイントかもしれません。




ホークスにとって若手の投手育成は最重要改題です。

今季2桁勝利の攝津、中田、スタンリッジ投手らも30歳代。

大隣さんも今年で30歳。

岩嵜、東浜、武田投手ら若手投手もこれからまだまだ成長しなければいけない投手たち。

そのためにもこの佐藤コーチの入閣はドンピシャではなかろうか。


あんまり持ち上げるとフラグだの何だと言われそうですが、実績を元に期待をしてる。

と言うことで・・・。



また同じく楽天を退団の鈴木康友内野守備走塁コーチの招聘も検討しているとのこと。

maxresdefault

こちらもコーチとしてはかなりのベテラン。

ここにきて内野守備走塁コーチを招聘となると、

現内野守備走塁コーチである鳥越コーチが監督に昇格する可能性が・・・?
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG