若鷹は名無し 2014年10月17日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2014101701/


















2




試合後、秋山監督は「うーん」と3度うなった後、こう振り返った。「点が取れるところで取る。守るところで守らないとね。ミスが出たり、点が取れなかったりすると展開は変わる。それが野球」。2度の満塁機を逃した打線とともに、今宮の失策を敗因に加えた。

 今季はリーグワーストの15失策を記録した今宮だが「安打と思って、後ろを向いたら捕っている。神です」と武田が言うほど広い守備範囲で何度もチームの ピンチを救ってきた。そんな名手が犯したまさかの失策。「CSの重圧があったのかもしれません。リズムよく投げられなかった」と声を絞り出した。

 悪送球を招いた原因の一つは走者の陽岱鋼の走力。一塁ベース上のタイミングはギリギリだった。相手の全力疾走が今宮の心に焦りを生み出した。そして、打 球も予想以上に速かった。肘が伸びきらない状態で捕球したため、ボールをしっかり握るゆとりがなかった。「そんなにバタバタするところではなかった」と秋 山監督は振り返った。

 初回に内川の本塁打で先制しながら、失策で流れを失い、中田にとどめを刺されての敗戦。秋山監督は言った。「あした、あした。一試合一試合やっていかないと、いかんでしょう」。アドバンテージの1勝分だけリードがある。前を向ける余裕はまだ残っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000041-spnannex-base

李大浩、中田に負けない存在感 

李大浩が2試合連続安打を含む3出塁で存在感を示した。初回の死球に続き、3回は2死一、二塁で四球を選んでチャンスを拡大。5回には鍵谷の外角直球を右 前に運んだ4番は「きょうはストライクが外ばかりだったから。ボールも多かった」と涼しげに振り返った。2試合の計8打席で5出塁と安定感を発揮してい る。敗戦にも「またあしただよ」と切り替えを強調した。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/121095

岡島と岩崎 1回無失点

岡島と岩崎がともに救援で1回無失点と好投した。7回から2番手でマウンドに上がった岡島は先頭の杉谷に二塁打を浴びたが、後続を打ち取った。「走者を出 しても点をやらない僕の持ち味は出せたと思う」とベテランらしさを発揮した。9回に登板した岩崎は2死後、四球を与えたが、西川を149キロ直球で三ゴロ に仕留めた。「いい球が行っている感覚はあります」と、この日最速151キロを出した真っすぐに手応えを感じていた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/121094


攝津できょう王手 

攝津が2012年の西武とのファーストステージに続くCS3勝目に照準を合わせた。第2戦の試合前に最終調整。「頑張ります」と短い言葉に必勝の決意を込めた。11日の紅白戦では2回無失点の安定感。細川も「攝津はもう大丈夫」と太鼓判を押した。



放送予定


18:00~22:00 MX ※延長あり

18:30~20:54 STV

18:30~20:54 FBS

18:00~21:30 NHK BS

17:30~試合終了 FOXスポーツ&エンターテイメント

17:55~試合終了 KBCラジオ

17:57~ STVラジオ

17:57~ HBCラジオ

18:00~ NHKラジオ ※九州地区のみ

18:00~試合終了 RKBラジオ

パ・リーグTV



本日もよろしくお願いします!

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。










おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG