hawks11










ソフトバンクの新監督発表は日本シリーズ終了後に持ち越されることになった。今季限りで退任する秋山監督の後任は球団OBでもある工藤公康氏(51)に内定済み。早ければCS最終S後に発表されるプランもあったが「監督に関しては日本シリーズが終わってからですね」と、後藤球団社長兼オーナー代行が明かし た。

 だが、水面下では工藤新体制作りは継続して行っている。この日までに今季限りで楽天を退団した佐藤義則氏(60)、鈴木康友氏(55)の入閣が決定。球団OBで前NTT西日本監督の佐々木誠氏(49)の招へいも検討している。

 また、23日に都内で行われるドラフト会議には、秋山監督は出席しない方向で、3年ぶりの日本一奪回へ集中してもらいたいという球団の配慮だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00000017-sph-base

リーグ優勝、日本シリーズ進出決定と後は日本一になるだけのホークスですが、

同時に水面下で進んでいる新体制作り。


新監督については工藤公康氏でほぼ確定。

e8a0e117


CS終了後に正式発表との報道もありましたが、CS突破したこともあり日本シリーズ終了後に発表予定。

なおこれに関しては、フロントと秋山監督の間にゴタゴタがあった模様。

2勝1敗で迎えた第3戦前。球団が新監督発表の場を設けようと水面下で動き、秋山監督に了解を得ようとした。当然ながら答えは「NO」。息子同然の選手たちが必死になって戦っている。そんな状況下で新監督を発表されては士気が下がるだけ。指揮官は球団の動きに水を差されながら、そんな姿はおくびにも出さずグラウンドに立ち、タクトを振った。


そら今から日本シリーズもあるのに、新監督発表というのもおかしな話です。

そもそも退任会見もまだやる予定ではなかったので、gdgdになるのもしゃーないのか。


ドラフト会議にも秋山監督は出席せず。

チームは日本シリーズのことだけに集中ですね。




話は戻りまして、新体制ですが

佐藤義則氏、鈴木康友氏の入閣はほぼ決定のようです。

関連記事:ソフトBが楽天・佐藤義則コーチ招聘へ 手腕を評価

工藤監督と佐藤コーチがどんな改革をもたらすのかは楽しみでは有ります。

プラスになるかマイナスになるかは知らん。


そしてホークス・西武OBでもある佐々木誠氏にも入閣要請中とのこと。


20120829_7

2003年にはダイエーホークスで2軍外野守備走塁コーチを務めていました。


佐々木誠(ささき・まこと)1965年(昭40)10月3日、岡山県生まれ。

水島工から83年ドラフト6位で南海入団。首位打者1度(92年)盗塁王2度 (92、94年)。93年オフ秋山幸二らとのトレードで西武移籍。98年オフ阪神に移籍し、00年退団。通算1581試合、1599安打、170本塁打、 638打点、打率2割7分7厘。01年米独立リーグでプレーし引退。ダイエーやオリックスでコーチを務め、06年からは社会人野球でコーチや監督を歴任。 現役時代は181センチ、85キロ。左投げ左打ち。



現外野守備走塁コーチである笘篠コーチも退団とのことで、佐々木誠氏が入る感じですかね。


しかい、阪神タイガースも佐々木誠氏を入閣候補に挙げていました。

どうなるんでしょう。












おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG