hawks11









ホークスにドラフト2位指名された栗原陵矢捕手が27日「城島2世」に名乗りを上げた。9月のU-18アジア選手権では日本代表の主将に選ばれチームをまとめた。その統率力はかつてのタカ投手陣をまとめあげた城島氏を彷彿とさせる。城島氏について「目標としている選手の1人です。あれほどの活躍をした方ですから」。

栗原選手にスカウトあいさつ ソフトバンク2位指名

チームの帽子をかぶせられ、表情を引き締めた。栗原選手は「もうすぐ一員になれるんだなという思い。意思は固めています」。入団交渉前に早くも入団を宣言した。

 ドラフト会議から四日。テレビで見る日本シリーズは今までと違う。先輩たちが戦っている。「自分がいくチーム。あの舞台で野球をやりたい」。イメージを膨らませた。


 高卒新人は現実的には二軍で経験を積むことになる。現在、ソフトバンクの若手捕手は三人。「(栗原は)リーダーシップにたけている。その点は今いる選手とは違う」。担当の山本スカウトはそう期待を寄せる。


 王会長からの色紙には「気力」とあった。「体と精神力を養えるよう練習していきたい。福井に元気を与えられる選手になりたい」と栗原選手。携帯電話も入団前にはソフトバンクに変更予定。福井愛とソフトバンク愛を胸に福岡に飛び込む。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20141028/CK2014102802000012.html


ホークスがドラフト2位指名した栗原陵矢選手。

その統率力から城島2世を目指します。


20141023201651_163881067



関連記事:王会長 1位松本絶賛「運動神経は候補選手の中で1番」

関連記事:ちな鷹のワイ、島袋獲得で静かに歓喜




なお打撃面ではホームランバッターではないものの左打ちでシュアな打撃。訂正失礼


公式戦37試合で打率.368、三振は僅か2個というバットコントロールが持ち味。


ホークスにドラフトで入団する選手は全員城島2世と言われますが、

栗原選手は目指すだけで、城島2世と呼ばれているわけではないのでセーフ。


何と言っても小さい頃からホークスファンと言うことで、応援したくなる。

PK2014102702100163_size0

さらに
担当スカウトが山本省吾氏だけあって、これもまた応援したくなる。





現在、ホークスには期待の若手捕手に山下、拓也選手らがおります。


細川、鶴岡選手に来季監督濃厚の工藤公康氏と捕手を育てる環境はバッチリです。

果たして誰が正捕手の座を奪うのか。今から楽しみ。






















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG