2















Broadcast live streaming video on Ustream

1


--この日を迎えた率直な気持ちは

 工藤監督「緊張してます」



 --改めて、監督就任への決断となったのは

 「やっぱり、王会長にお電話を頂いて『やってほしい』と言って頂いたことが、僕の一番です」



 --口説き文句はあったのか

 「当然、僕がやっている子供たちの活動だったりとか、大学に行っていることも、当然会長はご存じなんですけど、そういう活動を通して、すごく僕のことを 認めていただいていて、『そういう中だけど、君がやってきたことを存分に出してほしい』と言って頂いて、本当にただでさえ誘っていただいたことがすごくう れしかったのに、自分の活動を含めて、理解して頂いた上で誘っていただいたことも、僕の中で決め手になりました」



 --理想の監督像、指導者像は

 「まあもちろん、王会長のように、常にあきらめない、そして熱い思いを持って野球に取り組む姿勢というのは、しっかり継承していきたいと思いますし、ど んなときにも前を向いて、しっかりと勝つために何ができるのか、というのも学ばせていただいたので、そこも継承しながらやっていきたいと思います」



 --工藤氏にとっては初めての監督業

 「プレッシャーは当然あります。日本一のチームになったソフトバンクホークスですから、そこをどう、強さを維持して行きながら、連覇を目指してやってい くかは、非常に大切なことだと思いますし、僕自身ライオンズにいたころから、他のチームでも経験させていただいたんですが、強いチームは一時的にできて も、そこを継続することは大切というか、大変なことが多いので、継続することの重みというのを、しっかりと選手にも理解してもらった上で、さらなる選手一 人一人の能力の向上というか、持てるものを、限界を作らないように選手にはしっかりと、自分の野球人生、そんなに長くないと思います。ユニホームを着て やっている以上は、脱ぐまで高みを目指してやってほしいな、と思います」



 --秋山前監督とお話は

 「きのうお電話で話をさせていただいて『頑張れよ』と。『大変なところもあるかもしれないけど、しっかり頑張りなさい』と言っていただきました」



 --評論家として見てきたホークスの課題は

 「そうですね、やっぱりシリーズで活躍した柳田くんのように、非常に成長して自分でレギュラーを獲る選手もいるんですが、そういう中でさらに僕は投手出身なので、投手がもっともっと若い人が、たくさんいると思いますし、まだまだ能力を発揮できていない人もたくさんいると思いますので、そういう人たちに きっかけを与えてあげて、彼らがより成長して、ホークスが盤石の形で毎年優勝できる、そういう形になればと思います」



 --この場を通じて選手らに伝えたいことは

 「そうですね、日本一のチームですので、今はゆっくり休んで、しっかりと体をいたわってほしいなという思いがあります。そしてまた野球に向き合える時期が来たら、しっかりとけがをしない体を作って欲しいと思いますし、何よりも僕自身が現役のときから思っているのは、一日でも長くユニホームを着るというのは、選手にとって何よりも大切なことですので、そうするためには何が必要かとしっかり選手に考えてもらえれば、自ずと何をするべきか分かると思いますの で、そういう思いは持っていてほしいなと思います」



 --新しい背番号は

 「えー、秋山さんが、秋山前監督がつけていた『81』番を継承させていただいて、より強いチームを継続していけるような人間になりたいと思っていますので、81番にしました!」



 --いくつかの候補があったと思うが、強い思いがあったのか

 「これまで6年間、ホークスの監督としてやってこられて、多くの選手を育て、当然優勝という日本一も2回やってこられて、そういうチームですから、それを受け継ぐという意志の表れでは、一番僕にぴったりの背番号じゃないかなと、思います」



 --ホークスファンへメッセージを

 「すごく僕自身も当然、不安がまったくないという訳ではないのですが、何よりも球場で応援してくださるファンの皆さんが、選手に与える影響というのは非 常に大きいと思いますし、あの声援があるからこそ選手は100%以上の力を発揮できるんだと、僕は思っています。当然僕がホークスにいたときもそうですけ ど、ファンの方に支えられている選手たちですから、僕の力はまだまだ足りないところもあるかもしれないですが、そこを温かく見守っていただきたいのはあり ますし、あるときには厳しく見て頂きたいのもあります。僕も一日一日成長できるように、日々精進し野球というものを突き詰めてしっかりとやっていきたいと 思っていますので、応援のほどよろしくお願いいたします」



 (王会長への代表質問に移って)

 --改めて、工藤監督に期待することは

 「いろいろ大学に通ったりして、子供たちにも野球教室をしたりして、大変忙しい、個人的にはちょっと心苦しかったんですが、ホークスのため、また日本の野球界のためにどうしても監督を引き受けてもらいたいということで話をして、快く引き受けてもらいました。引き受けてもらった以上は、ホークス野球というものはあると思うんですけど、工藤カラーというものを出して、今までとは違った形で自分の思いを表現してもらうのは大事なことだと思いますので、我々バックアップはいくらでもしますから、思い切ってやってほしいですね」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000537-sanspo-base
2



時折、おちゃめなカリメロスマイルを織り交ぜながら会見を行った工藤監督。

気になるチームをどのように変えてくれるかですが・・・

>投手がもっともっと若い人が、たくさんいると思いますし、まだまだ能力を発揮できていない人もたくさんいると思いますので、そういう人たちに きっかけを与えてあげて、彼らがより成長して、ホークスが盤石の形で毎年優勝できる、そういう形になればと思います


本当これです。

工藤新監督に期待したいのはまさにここじゃないかと。


会見で名前の出た柳田選手や最多安打の中村選手など若い野手陣はいても、

なかなか若い投手陣が出てきません・・・。

本当よろしくオナシャス。

あと、若手捕手の育成にも期待。



また怪我のしない身体作りの指導なども工藤監督には期待。



代表質問意外のところでは・・・


強化ポイントは投手。

IMGP4071 (800x452)
IMGP4075 (800x445)




今季は無かったホークスのキャプテン制度については
IMGP4091 (800x452)
IMGP4081 (800x441)

ということで、のちのち考えていく模様。



この会見を見た内川選手のコメントは、

監督として見る工藤監督の顔は、選手として見てた時の工藤さんの顔とは違う気がする。

優勝してほわ~っとしてましたけど、来年のことが始まってると思う時が引き締まります。

もしキャプテンの話が来たら・・・僕も考えます。

だそうです。














おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG